レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【15cm丸型で作る】プリンケーキ

デザート

【15cm丸型で作る】プリンケーキ
  • 投稿日2019/10/29

  • 調理時間15(焼き・冷却時間は除く)

プリン&ケーキ2つを楽しめます!ほろ苦いカラメルがスポンジケーキに染み込んでじんわりおいしい至福のプリン時間をお楽しみください。【アレンジ】スポンジ部分なしで作りたい場合、15cmの型ではなく、プリン型2~4個(サイズにより違う)に変更してください。その場合焼き時間は様子をみて変更してください。

材料6人分15cm丸型1台分

  • 全卵
    4個
  • 牛乳
    200ml
  • 生クリーム(35%)
    50ml
  • 薄力粉
    35g
  • バター
    大さじ1
  • バニラビーンズ(またはオイル)
    3cm
  • A
    グラニュー糖
    60g
  • B
    グラニュー糖
    40g
  • C
    大さじ1
  • D
    熱湯
    大さじ2

作り方

ポイント

作る順序は①カラメル、②プリン液、③スポンジ生地の順に作ります。プリン液を型に入れるのは、スポンジ生地が完成し、焼く準備ができてからにすることで、均一に焼きあがります。今回の焼き時間や温度は15cmの丸型向けの目安です。オーブンの機種により、焼き加減に違いがありますので、様子を見ながら時間と温度は調整してください。

  • A グラニュー糖60gを2つ、B グラニュー糖40gを1つ計量する。 ・全卵のうち1つを卵黄、卵白に分ける。 ・薄力粉は軽量しふるいにかける。 ・バニラビーンズがある場合、切り込みを入れる。 ・15cm丸型の底、側面にバター(分量外)を薄く塗る。 ・バターは湯煎にかけ溶かす。

  • 1

    【カラメルソースを作る】 鍋にA グラニュー糖60gC 水大さじ1を加えグラニュー糖になじませ中火にかけ、濃いカラメル色になったら火を止め、D 熱湯大さじ2を静かに加え全体を混ぜ合わせ、冷める前に15cmの丸型に入れる。 ※ 熱湯を入れる際、ハネやすいので要注意! 木べらに添わせて入れると多少防止できます。

    工程写真
  • 2

    【工程2、3はプリン液】 鍋に牛乳、A グラニュー糖60g、バニラビーンズ(またはオイル)を入れ『弱火』にかけ、ぬるま湯程度(触ってもぬるい程度)に温め、生クリーム(35%)を加えて混ぜる。 ※ バニラビーンズがある場合、中のビーンズをこそいで加え、さやも加えると香りがアップします。

    工程写真
  • 3

    ボウルに全卵2個、卵黄1個分を合わせて溶きほぐし、2をゆっくり加えて、出来るだけ泡立たたないように静かに混ぜ、「2回ほど静かに濾す」 ※ ここで泡立ちが強いと、なめらかなプリンができない原因の一つになります。

    工程写真
  • 4

    【スポンジケーキ部分】 ボウルに全卵1個、卵白1個分を合わせて溶きほぐし、B グラニュー糖40gを加えて、白っぽく、もったりするまでよく混ぜ、薄力粉をふり入れ、ゴムベラで練らないようにさっくり混ぜ、溶かしバターを少しずつ加えて混ぜる。 ※ 室温が低い場合は、たまごとグラニュー糖は湯煎にかけながら、混ぜるとふんわり仕上がりやすい。 ※ もしバニラオイルがあれば数的加えると香りがよくなる。

    工程写真
  • 5

    カラメルを入れた丸型に、プリン液、スポンジ生地の順に「そっと低い位置から」流し入れる。

    工程写真
  • 6

    あらかじめ150℃に余熱したオーブンの天板に「40℃程度のぬるま湯」を2cmほどはり、5を入れ30分ほど焼き、熱が取れて冷めてから、ラップをして冷蔵庫でしっかり冷やす。 ※ 表面がこんがり色づき、中央に竹串を刺して生焼けでないか確認してください。

    工程写真
  • 7

    型から取り出すときは、型とプリンの間に薄いヘラかナイフを刺し、1周ぐるりと動かして、平らな器を型にのせ、ひっくり返すと取り出せます。

    工程写真
レシピID

381794

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

プリン」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

簡単料理研究家*服部みどり
Artist

簡単料理研究家*服部みどり

材料と手間は最小限のシンプルレシピ 簡単でおいしくヘルシーな家庭料理 【略歴】 カフェや居酒屋チェーン店立ち上げ業務など飲食業界に携わったのち、野菜を扱う食品メーカーで料理レシピ企画を担当。現在は書籍のレシピ制作・飲食店メニュー開発のほか、雑誌・テレビ・新聞・WEBなどメディア各種で食品や調理家電などの検証を行う料理家として活動中

「料理家」という働き方 Artist History