レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【本場の人も納得ver.2♪】我が家のエビ餃子

主菜

【本場の人も納得ver.2♪】我が家のエビ餃子
  • 投稿日2020/05/26

  • 調理時間25

【本場の人も納得♪我が家のチンジャオロース】レシピID389909 に続いて、こちらも中国人のお友達にレシピを聞かれたちょっぴり自慢のエビ餃子です。包み方も簡単なので小さなお子様と一緒にも作りやすいですよ♪

材料3人分大きめ餃子の皮18〜20個分

  • むきエビ
    160g
  • 豚ひき肉
    120g
  • 長ねぎ
    1本(60g)
  • A
    にんにく
    小さじ1
  • A
    生姜
    小さじ2
  • A
    醤油
    小さじ1
  • A
    ウェイパーまたは鶏がらスープの素
    小さじ1/2
  • B
    小さじ2
  • B
    ふたつまみ
  • コショー
    適量
  • 餃子の皮(大きめ)
    20枚
  • お湯
    適量
  • ごま油
    大さじ1

作り方

ポイント

■20cmフライパンで11〜12個・24cmフライパンで全量が焼けます。 ■海老は背わたの取られた物をしようしています。背ワタがある場合は、取り除いてから使用してください。 ■長ねぎは、青い部分を除いて1本しようしています。 ■焼き上げは、焼き色がついてから熱湯を入れることでカリッと仕上がります。 ■包んだ状態で冷凍保存もできます。

  • ■むきエビは、粗めに刻んでポリ袋またはボウルに入れB 酒小さじ2、塩ふたつまみをまぶします。 ■A にんにく小さじ1、生姜小さじ2、醤油小さじ1、ウェイパーまたは鶏がらスープの素小さじ1/2はそれぞれすりおろします。(すりおろした物をしようしてもいいです。) ■長ねぎは、みじん切りにします。

  • 1

    下準備した材料と豚ひき肉、コショーをエビのポリ袋またまボウルに入れて粘りが出るまでよく混ぜ合わせます。

  • 2

    餃子の皮(大きめ)を並べ中央に1をのせ、皮の周りに水を塗って半円型に包みます。 ※包み方は、通常の餃子と同じでも構いませんが、この包み方の方がお子様とも作りやすいですよ。

    工程写真
  • 3

    半円になった、端と端を水を塗って止めるように包みます。

    工程写真
  • 4

    フライパンに中火にかけ全体にしっかりと熱し、分量外の油大さじ1と餃子を並べ入れます。底にきつね色の焼き目がついたら、餃子の高さの1/3までお湯を入れ、蓋をして水分がなくなるまで焼きます。

  • 5

    蓋を開けごま油を回しかけ濃いめの焼き色がついたら器に持ってできあがり。 中心上は【ふんわり卵と牛肉トマトのほんのりガーリック炒め】https://oceans-nadia.com/user/83829/recipe/244422 を牛肉抜きで仕上げています。 左上【鶏とカシューナッツの炒め物】は、Instagram(https://www.instagram.com/tv/CAj7nZHlQUr/?utm_source=ig_web_copy_link) にてご紹介しています。

    工程写真
レシピID

392459

「ネギ」の基礎

「にんにく」の基礎

「えび」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

餃子」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

奥山 まり
Artist

奥山 まり

身近な素材や調味料を使ってシンプルに、〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。 フードディレクターとして産地を巡り・新商品やリニューアル商品の開発・飲食店メニューの構築などに携わる中で、プロの現場の機材や調味料と家庭での調理の違いを肌に感じる日々。 「家庭だからこだわって作れるもの」「家庭だったらこう作るといいかも?」と、基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】とひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです。 乳がんサバイバー2年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始める君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

「料理家」という働き方 Artist History