レシピサイトNadia
    主菜

    パパが好き♪ふんわり卵と牛肉トマトのほんのりガーリック炒め

    • 投稿日2018/02/17

    • 更新日2018/02/17

    • 調理時間10

    お気に入り

    130

    シンプルに卵とトマトの中華炒めも大好きですが、『身体のために・・・』と健康志向をアピールした料理にはちょっぴり躊躇いがちな男子にもオススメなのがこのメニュー(笑) ほうれん草を倍量にしても美味です♪

    材料2人分

    • 牛切り落とし肉
      50g
    • A
      小さじ1
    • A
      醤油
      小さじ1.5
    • A
      塩・コショー
      各3振り
    • ほうれん草
      1/2束
    • フルーツトマト(トマト可)
      2個
    • B
      2個
    • B
      清酒
      小さじ1
    • 中華調味料
      小さじ1
    • にんにくすりおろし
      小さじ1/2

    作り方

    ポイント

    中華調味料は、シャンタンを使用しました。 ウェイパーや他の中華調味料でも美味しいです。 ほうれん草は、1/2束を1束に変える時には仕上げに塩コショーで味を整えてください。

    • ・牛切り落とし肉は、7mm程度に切りA 酒小さじ1、醤油小さじ1.5、塩・コショー各3振りを揉み込み5分おく。 ・B 卵2個、清酒小さじ1を合わせておく。 ※大き目よりも細か目に切った方がオススメです。

    • 1

      下準備の待ち時間の間に、ほうれん草を洗い水気を切り、軸を切り落とし3等分の長さに切り、フルーツトマトは4~6等分に切る。 ※ほうれん草の茎の部分はわけておいた方が炒める時に、オススメです。 ※大きいトマトを使う場合は、トマトは1玉を8~10等分に切って使用しています。

    • 2

      フライパンに分量外の油大さじ1を強火で熱し、B 卵2個、清酒小さじ1を流し入れ軽く火を通しボウルに戻す。 ※軽くひとまとまりになる程度で、固まっていない状態で卵を溶いたボウルに戻しています。

      工程写真
    • 3

      (2)のフライパンを中火にして、にんにくすりおろしと下準備した牛切り落とし肉を炒める。(1~2分程度、多少肉の赤みが残っている程度で大丈夫です。)

      工程写真
    • 4

      (3)にほうれん草と中華調味料を入れ強火で更に炒め、フルーツトマト→卵を絡めて出来上がり♪ ※フルーツトマトにほんのり火が通ったところで卵をフライパンに戻します。 ※卵を大き目に崩し火が入りすぎない程度にふんわりと仕上げた方が美味しいです。 ※(1)の工程でほうれん草の茎と葉をわけている場合は茎から先に炒めると更に食感が良いです。

      工程写真
    • 5

      ・手羽先の甘酢(南蛮酢)漬け→https://oceans-nadia.com/user/83829/recipe/244379 ・和えるだけ♪かまぼこの梅しそ和え→https://oceans-nadia.com/user/83829/recipe/244369 ・常備菜 と合わせて、下拵えから出来上がりまで30分以内です。

    レシピID

    244422

    質問

    このレシピが入っているコラム

    関連キーワード

    「牛肉」に関するレシピ

    「にんにく」の基礎

    「トマト」の基礎

    「油」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    奥山 まり
    • Artist

    奥山 まり

    料理家

    • オリーブオイルソムリエ

    ℍ𝕆𝕂𝕂𝔸𝕀𝔻𝕆 𝔽𝕠𝕠𝕕 𝕕𝕚𝕣𝕖𝕔𝕥𝕠𝕣 身近な素材や調味料を使ってシンプルに、 『笑顔が見られるおうちご飯🍚』モットー✨ 基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】ひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです✨ 乳がんサバイバー3年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始めた君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

    「料理家」という働き方 Artist History