レシピサイトNadia

    塩ヨーグルトでほうれん草のインドカレー

    主食

    塩ヨーグルトでほうれん草のインドカレー

    お気に入り

    20

    • 投稿日2016/04/07

    • 調理時間30

    子供たちのインド人の化学の先生から聞いた本場の味を日本人向けに手軽に作れるレシピにアレンジしました。 作ってしばらく置くと味がなじんで非常に美味しいです。 MOTIモティーのカレーを想い出させます。

    材料5人分

    • ほうれん草
      1束
    • 玉ねぎ
      L1個(約300g)
    • トマト
      2個(約200g)
    • パクチー
      2束(約100g)
    • おろしにんにく
      大さじ1
    • おろししょうが
      大さじ1
    • クミンシード
      大さじ1.5
    • コリアンダーパウダー
      大さじ1
    • カレー粉
      大さじ3
    • ターメリック
      小さじ1
    • ガラムマサラ
      大さじ1(あれば)
    • 無糖ヨーグルト
      大さじ5
    • ハチミツ
      大さじ1~2
    • コンソメ顆粒
      小さじ1
    • 小さじ1
    • 無糖ヨーグルト
      適量
    • ごはん
      適量

    作り方

    ポイント

    フードプロセッサーがない場合は包丁で細かくみじん切りにして下さい。

    • 1

      ほうれん草はきれいに洗う。 熱湯に入れてきれいな緑色に変わったら取り出し、ざるにあげて冷ます。 軽く水気を切って2センチ幅に切ってフードプロセッサーでペースト状にする。

    • 2

      玉ねぎ、トマトはそれぞれ一口大に切る。

    • 3

      ボウルにヨーグルト(大さじ5)と塩を入れて混ぜておく。

    • 4

      大きめの鍋にサラダ油(分量外・大さじ2)、クミンシードを入れて弱火で炒める。

    • 5

      パチパチ音が出たらおろしにんにくを入れて1~2分炒め、おろししょうがを加えて更に1分ほど炒める。

    • 6

      玉ねぎを入れてしんなりするまでじっくりと3分ほど炒めたら、トマトを加えて中火にしてひと煮立ちさせる。

    • 7

      1のほうれん草のペースト、パクチーを入れたら、3のヨーグルトを加えて混ぜる。

    • 8

      コリアンダーパウダー、カレー粉、ターメリック、ガラムマサラを順位入れて弱火で8分ほど煮る。 ハチミツ、コンソメ顆粒、塩で味をととのえる。

    • 9

      器にごはんによそって、8をかける。

    • 10

      とろみは無糖ヨーグルト(適量)を入れて調整します。 そのとき塩で味を調える。

    • 11

      冷蔵庫で保存し時間が経つとさらに美味しい味になります。

    レシピID

    137100

    「トマト」の基礎

    「玉ねぎ」の基礎

    「ほうれん草」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    カレー」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    吉村ルネ
    Artist

    吉村ルネ

    低糖質ダイエット/アンチエイジング/ソース・フルーツドレッシング料理研究家 ・健康維持レシピ ・栄養価PFC計算 ・感染症予防の免疫力レシピ開発 ・企業に向けた創作レシピ開発/料理撮影 ・アンチエイジングには欠かせないレモンや果物を使ったレシピ開発 グラフィックデザイナーの頃、NY在住の日本人デザイナーと結婚し渡米。 多人種が多いNYで、世界の様々な食文化に触れ、食への刺激を受ける。 夫が生活と活動の場をスペインに移し10年間過ごす。自然豊かな地中海ダイエットに触れる。 世界の各地への旅を通して様々な食文化に触れさらに食への造詣を深める。 2007年スペインからシアトルへ、その後カリフォルニアへ移住しblogを始める。 料理コンテストで数々の賞を受賞し、企業のレシピ開発、アンバサダーとしても活躍。 長年の海外生活を終え2014年に帰国し、企業のPR活動に従事。 世界の様々な食文化に触れながら、家族の健康と病気にならない方法を書物などを通して学ぶ。 自らの食の経験から、調理の工夫次第で人の体はいつまでも若くいられ健康になれると確信。 今までの実績が功を奏して、ユーザーに支持されている企業のローカーボ100レシピを共同で開発し、時短レシピ企画と撮影に携わる。 自らも仕事をしながら短時間で作れるレシピをSNSに投稿しユーザーに好評を得ている。 また、健康レシピをインスタグラムを通して人々に役立てようとグローバルに活躍中。

    「料理家」という働き方 Artist History