バター香るサクサク生地の『ブロッコリーとベーコンのキッシュ』

40

2022.01.13

分類副菜

調理時間: 40分

ID 425516

ヤミー

大変!!この料理簡単すぎかも...3STEP COOKING

ブロッコリーの緑の中に、ベーコンのピンクがのぞく、かわいい色合いのキッシュ。生地は、手軽にできる家庭的な練りパイで作るので簡単で、フランス産バターが香ってサックサク!冷凍パイシートでは出せない本格的な味です。
数あるフランス産バターですが、フランスで「バター」という呼称を使うためには、厳格な定義をクリアしてなければならないそうです。農場から店舗までのすべての工程が、品質と安全性を保証するために管理されているんです。草原で牧草を食べて育った牛のミルクから作るから、フランスバターは風味豊かで様々な味になるのでしょうね。こういうことを知って食べると、なんだかより美味しく感じますね。

材料

(直径18cmのタルト型1台分)
A
薄力粉 100g
A
小さじ1/8
A
砂糖 小さじ1
バター(有塩) 50g
大さじ1程度(様子を見て加える)
ブロッコリー 50g
ベーコン 30g
フライドオニオン 大さじ3
B
1個
B
生クリーム 100ml
B
粉チーズ 大さじ3
B
こしょう 少々

作り方

ポイント

※生地はすぐにのばして使えます。柔らかすぎる場合は、2cmほどの厚みに平らにしてラップで包んで冷蔵庫で30分ほど寝かせると扱いやすくなります。
※具は水分が多いと崩れやすいので、火を通してしっかり水分を取るのがおすすめです。具はお好みのものでOKですが、フライドオニオンを底に敷くのがとても美味しいのでおすすめです。

#フランス全国酪農経済センタータイアップ
  1. ※バター(有塩)は室温にもどしておく。
    ※タルト型にバター(分量外)を塗っておく。
    ※オーブンを180℃に予熱をする。
  2. ボウルにA

    薄力粉 100g、塩 小さじ1/8、砂糖 小さじ1

    を入れて混ぜ合わせ、バター(有塩)を加えてフォークでそぼろ状になるまで潰す。手ですり混ぜて、粉チーズくらいのサラサラな状態にする。
    (粉チーズのようにほんのり全体が黄色くなります)
  3. 様子を見ながら水を加えてフォークでざっと混ぜ合わせ、手でぎゅっと押しつけるようにして3回ほど押し混ぜ、ひとまとめにする。
  4. オーブン用シートを広げて生地をのせる。麺棒でタルト型より少し大きい程度に丸くのばし、型に敷き詰める。縁から出た生地は切り落とし、フォークで底に穴をあける。オーブン用シートをのせて重し(豆や米でOK)をして、予熱したオーブンで軽く焼き色がつくまで15分焼く。
  5. 具の準備をする。
    ブロッコリーは沸騰した湯で2分ほどゆで、ざるに上げてペーパータオルなどでしっかりと水気を拭き取り、みじん切りにする。ベーコンは5mm幅ほどの細切りにする。B

    卵 1個、生クリーム 100ml、粉チーズ 大さじ3、こしょう 少々

    は混ぜ合わせておく。
  6. キッシュを焼く。
    3の生地にフライドオニオンを敷き詰め、その上にブロッコリー、ベーコンを散らす。B

    卵 1個、生クリーム 100ml、粉チーズ 大さじ3、こしょう 少々

    を注ぎ入れて、180℃のオーブンでしっかりと焼き色がつくまで15~20分焼く。
1 108

コメント・感想 Comment

このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

お気に入り度

レシピの関連キーワード Keywords

キッシュ バター ベーコン おもてなし おうちカフェ ブロッコリー 世界各国の料理 ワインに合うおつまみ フランス料理 生クリーム 簡単レシピ 粉チーズ 薄力粉 野菜のおかず

このレシピをサイトに埋め込む

関連コラム article

まずは3ヶ月無料でお試し!

※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

プレミアムサービスとは