レシピサイトNadia

    ぷりぷりエビマヨブロッコリー【#簡単#揚げない#黄金比率】

    副菜

    ぷりぷりエビマヨブロッコリー【#簡単#揚げない#黄金比率】

    お気に入り

    3778

    • 投稿日2019/10/14

    • 更新日2019/10/14

    • 調理時間10

    ぷりぷり食感が美味しいエビマヨを、冷凍のむきエビでお手軽に♡ そして、ボリュームアップさせるために、ブロッコリーを加えてサラダ仕立てにしました♪ 作り方は、とーっても簡単で、茹でたブロッコリーとフライパンで揚げ焼きしたむきエビをマヨネーズ+ケチャップ+塩こしょうで和えるだけ。 しかも、マヨネーズとケチャップは1:1の黄金比率なので覚えやすく、食材が増えたり、人数が増えても計算しやすいのが◎。 ちなみに、にんにくや砂糖はお好みです! 私は、酸味を和らげるために砂糖を加えていますが、必要ないって方は、マヨ・ケチャップ・塩こしょうのみでOK!

    材料2人分

    • ブロッコリー
      1/2株(100g)
    • むきエビ(冷凍)
      100g
    • 片栗粉
      適量
    • A
      マヨネーズ、ケチャップ
      各大さじ2
    • A
      砂糖
      小さじ1(省いてもOK)
    • A
      塩・こしょう
      少々
    • A
      にんにく
      チューブ1〜2cm(省いてもOK)

    作り方

    ポイント

    ⚫︎エビアレルギーという方は、鶏肉や鮭で作っても美味しいです! ⚫︎酸味を抑えるために砂糖を加えていますが、気にならない方は省いてもOKです。 ⚫︎にんにくは、省いてもOKです。 ⚫︎フライパンは、22cmのものを使用しました。

    • 1

      ブロッコリーは小房に分け、熱湯で2分ほど茹でてザルにあげる。むきエビ(冷凍)は解凍し、片栗粉をまぶす。

      工程写真
    • 2

      フライパンに多めの油(大さじ5ぐらい)を中火で熱し、むきエビを入れ、2分ほど揚げ焼きする。全体に火が通ったら、取り出す。

      工程写真
    • 3

      ボウルにA マヨネーズ、ケチャップ各大さじ2、砂糖小さじ1、塩・こしょう少々、にんにくチューブ1〜2cmを合わせ、ブロッコリーと2を加えて混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 4

      【お知らせ】 7月10日(水)発売になりました! 新刊『Yuuのラクうま♡ベストレシピ』。 9/2に第5刷のご報告をしたばかりですが、またまた重版が決定!! 第6刷:累計8万5000部になりました。(只今、完売店が相次いでおります。店頭にない場合はご注文をお願い致します) 応援くださった皆さま、本当にありがとうございます。 【Amazon 本の売れ筋ランキング1位!】 (2019年7月8日調べ) 【オリコン週間BOOK 料理・グルメランキング1位!】 (オリコン調べ 2019年7月22日及び29日付け)

      工程写真
    レシピID

    381127

    「にんにく」の基礎

    「えび」の基礎

    「油」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    Yuu
    Artist

    Yuu

    福岡県在住。 * 料理が楽しくなる”きっかけづくり” * 【やる気がなくても作りたくなる!】 【不器用でも忙しくて、やっぱり褒められたい!】 【幸せな家族時間を作りたい!】 そんな思いを叶えるレシピを目指しています。 得意分野は【季節の野菜・ヘルシー食材・節約食材を使った料理】。 ⚫︎やりたいことが多すぎて、料理に時間をかけていられない! ⚫︎育児に追われていて、ゆっくりキッチンに立つ時間がない! ⚫︎仕事と家庭の両立で、毎日時間に追われている! そんな方達の”時間と心にゆとりを作るお手伝い”ができたら嬉しいです♪ 好物は、あたりめ。 《著書》 ・Yuu*'s スピードおうちバル(光文社) ・Yuu*のゆる☆つくりおき(主婦と生活社) ・Yuuのラクうま♡ベストレシピ(扶桑社) ・Yuuのラクうま♡晩ごはん(扶桑社)←最新刊です 《お知らせ》 いつも、お気に入り登録やコメント、本当にありがとうございます! 励みになっております^^♪ 只今、業務多忙につき、数ヶ月の間コメントの返信をお休みさせて頂いておりますm(_ _)m しかし、質問などにはお答えしますし 頂いたコメントは全て目を通させていただきますので お気軽にコメントくださいね! これからも、どうぞよろしくお願い致します♡

    「料理家」という働き方 Artist History