レシピサイトNadia

    辛さとうま味でやみつき必至!辛うま混ぜそうめん

    主食

    辛さとうま味でやみつき必至!辛うま混ぜそうめん

    お気に入り

    298

    • 投稿日2021/07/19

    • 更新日2021/07/19

    • 調理時間5

    【爽快にピリッと突き抜ける〝スパイス×うま味〟の方程式できました!】 スパイスは料理の辛みや香り付けに必要不可欠の魅力的な調味料である一方、闇雲に使うと苦みやえぐみが味の邪魔になることも…そんなスパイスをうま味調味料「味の素®」とバランスよく掛け合わせて、夏の暑い日に最高に美味しい冷やし混ぜそうめんにしました! スパイスの香りと辛さが際立って、でもえぐみや苦味は和らぐ。余計な塩分や風味はつけずに「うま味」を加える。これはうま味調味料「味の素®」だから出来る味付けの方程式です。 美味しいです。うま味、コクはあるのに爽快です。この夏、ぜひお試しください!

    材料1人分

    • そうめん(乾麺)
      2束(100g)
    • 適量
    • A
      しょうゆ
      大さじ1
    • A
      花椒パウダー
      小さじ1/2
    • A
      粗びき黒こしょう
      小さじ1/2
    • A
      うま味調味料「味の素®」
      8ふり
    • A
      白すりごま
      ひとつまみ
    • A
      ごま油
      小さじ2
    • A
      ラー油(または一味唐辛子)
      適量
    • 小ねぎ(小口切り)
      適量(15g)
    • サラダチキン
      30g
    • 卵黄
      1個分

    作り方

    ポイント

    ▼暑い日は調理前、使用する器を冷蔵庫に入れておくと冷たさが増すのでおすすめです。 ▼花椒や黒こしょうが大好きな方は仕上げに、または食べながらパラっと少々追加してください。 ▼サラダチキンはコンビニで購入した「プレーン味」を使用しています。 《番外編》 ▼たまごの白身の活用方法…用途はたくさんありますので無駄にはなりません。すぐ使わない時はボウルに入れてラップをし、冷蔵庫で保管して当日中にお使いください。下記一例です。 ①みりん小さじ1、塩少々、うま味調味料「味の素®」2ふりとあわせてよくかき混ぜ、沸騰直前のお味噌汁やスープにまわしかけてひと煮立ちさせると、ふわふわのはんぺんのような「具」にできます。 ②卵焼きやオムレツに加えると、多少黄色が淡くなりますが食感が軽くてふわふわの仕上がりになります。 ③鶏肉やイカ、エビの下味としてまとわせるとふんわり軽く柔らかい食感になります。 ④うま味調味料「味の素®」を2ふりして納豆と混ぜるだけでも◎ #おいしく召上れ! #味の素 #うま味調味料 #味の素タイアップ

    • 1

      そうめん(乾麺)は沸騰した湯で表示時間通りにゆで、流水に当てて揉み洗いし、しっかり冷やして水気を切る。

    • 2

      そうめんとA しょうゆ大さじ1、花椒パウダー小さじ1/2、粗びき黒こしょう小さじ1/2、うま味調味料「味の素®」8ふり、白すりごまひとつまみ、ごま油小さじ2、ラー油(または一味唐辛子)適量を器に入れてよく混ぜる。 小ねぎ(小口切り)、ほぐしたサラダチキンの順にのせ、中央に卵黄をのせる。お好みで花椒や粗びき黒こしょう(ともに分量外)をふる。

    レシピID

    414012

    「そうめん」の基礎

    「鶏むね肉」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    おねこ
    Artist

    おねこ

    呑兵衛料理家。 豊富な食材に魅了され、北海道永住を決めた生粋の食道楽。 北海道在住20年。 春は山菜採り、夏はキャンプ、秋はきのこ狩り、冬はスキー。北海道各地の旬の食材と美食を追いかけ、弾丸長距離移動もするアクティブ派。 「夜が楽しければきっと明日はもっと楽しい!」をモットーに、夜を盛り上げるおつまみレシピとごはんがすすむおかずをメインにレシピ開発。 ●冷蔵庫整理に目覚め、食品廃棄ゼロ2年10ヶ月達成!! ●コラム連載:「おねこさんと一緒にフードロス対策」 ●著書:ごはんもお酒もすすむ!絶品おねこ食堂(宝島社)

    「料理家」という働き方 Artist History