レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

秋に食べたい♪『さつまいもと蓮根の酢鶏』

主菜

秋に食べたい♪『さつまいもと蓮根の酢鶏』
  • 投稿日2021/10/26

  • 調理時間15(下準備除く)

お気に入りに追加

1654

さつまいもと蓮根を使った秋を感じる酢鶏です♪ 食べ応えもあって、さついまもの甘み、蓮根の食感がとってもおいしいですよ(^^)/ また、油は大さじ6のみで、揚げ焼きにしていくので、ラクに作れます!

材料2人分

  • 鶏もも肉
    1枚(180g)
  • A
    大さじ1
  • A
    醤油
    大さじ1/2
  • A
    にんにく・しょうがチューブ
    各2~3㎝
  • A
    塩胡椒
    適量
  • さつまいも
    1本(150g)
  • 蓮根
    1節(150g)
  • 人参
    1/2本
  • 玉ねぎ
    1/4個
  • 片栗粉
    大さじ3
  • サラダ油
    大さじ6
  • B
    ケチャップ
    大さじ3
  • B
    酢・酒・みりん
    各大さじ2
  • B
    砂糖
    大さじ1
  • B
    醤油
    大さじ1/2
  • B
    鶏がらスープの素
    小さじ1/2
  • 白ごま
    お好みで

作り方

ポイント

●少なめの油で揚げ焼きにするので、さつまいも、蓮根、人参はレンジ加熱である程度火を通しておきます!

  • 鶏もも肉は一口大に切り、A 酒大さじ1、醤油大さじ1/2、にんにく・しょうがチューブ各2~3㎝、塩胡椒適量を加えてよく揉みこむ。 →すぐ作る場合は、このまま10分ほど置く。 →下味冷凍する場合は、フリーザーバックに入れ空気を抜いて冷凍保存。使用する場合は、レンジ解凍または前日に冷蔵庫に移して自然解凍する。

  • 1

    さつまいもは皮ごとよく洗い、一口大の乱切りにして水に5~10分ほど浸した後、水気を切る。 蓮根は皮をむき、一口大の乱切りにする。 人参は皮をむき、小さめの乱切りにする。 さつまいも、蓮根、人参はボウルに加えふんわりとラップをして600Wで5分加熱し、余分な水気を切る。 玉ねぎは細めのくし切りにする。

    工程写真
  • 2

    下味をつけた鶏もも肉に片栗粉を加えてよく揉みこむ。

    工程写真
  • 3

    深めのフライパンにサラダ油と加熱したさつまいも、蓮根、人参を加え、中火で熱する。(コールドスタートでOK!) 転がしながら5分ほど揚げ焼きにする。

    工程写真
  • 4

    玉ねぎも加えてさらに中火で2分ほど炒め、フライ返しなどを使って具材のみキッチンペーパーの上に取り出し、油を切っておく。

  • 5

    フライパンに残った油に、2の鶏もも肉を加えて、同様に中火で4~5分ほど揚げ焼きにしていく。 こんがりと揚げ焼きにしたら、鶏肉のみ取り出し、4と同様に油を切っておく。

    工程写真
  • 6

    フライパンに残った油をキッチンペーパーでふき取る。 フライパンにB ケチャップ大さじ3、酢・酒・みりん各大さじ2、砂糖大さじ1、醤油大さじ1/2、鶏がらスープの素小さじ1/2を加えて中火で1~2分混ぜながら煮詰める。 5の具材をすべて加えてよく絡ませ、塩胡椒をふる。

    工程写真
  • 7

    器に盛り、お好みで白ごまをふる。

    工程写真
レシピID

424080

「鶏もも肉」の基礎

「にんにく」の基礎

「玉ねぎ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

酢豚」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

RINATY(りなてぃ)
Artist

RINATY(りなてぃ)

【著書】 ・「りなてぃの一週間3500円献立」  第8回レシピ本大賞準大賞受賞 ・「りなてぃの一週間3500円献立2」 ・新刊「りなてぃの30分で完成!簡単3品献立」 シリーズ累計85万部突破 (2022年7月現在) 【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 【調味料のこと】 砂糖は三温糖 使ってます♡ 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

「料理家」という働き方 Artist History