レシピサイトNadia

    干し椎茸の出汁でつくる高野豆腐の煮物

    副菜

    干し椎茸の出汁でつくる高野豆腐の煮物

    お気に入り

    219

    • 投稿日2020/04/28

    • 更新日2020/04/28

    • 調理時間20(干ししいたけを戻す時間は含みません。)

    昔から大好きな高野豆腐と干し椎茸の組み合わせ。高野豆腐をあまり食べたことのない若い人も多いと聞いてレシピにしてみました!ジュワっと落ち着く家庭の味をぜひ作ってみてください。

    材料2人分

    • 高野豆腐
      2枚
    • 鶏もも肉
      80g
    • 干し椎茸
      4枚
    • 200ml
    • 人参
      40g
    • 長ネギ
      30g
    • A
      大さじ1
    • A
      しょうゆ
      大さじ1
    • A
      砂糖
      大さじ1/2
    • みりん
      大さじ1/2
    • かつお節
      ひとつかみ

    作り方

    ポイント

    高野豆腐は高温で戻すと柔らかく仕上がります。ただし高野豆腐に直接熱湯をかけたり、たっぷりな量の熱湯で戻すと崩れてしまいます。

    • ・200mlの水で干し椎茸を戻しておく。 ※冷蔵庫で半日ほどかけてしっかり戻すと美味しさを十分に感じられます! ・大きめのバットに1cmほどの高さまで熱湯を入れ、高野豆腐を戻しておく。

      工程写真
    • 1

      鶏もも肉は一口大に切り、人参は半月切り、長ネギは斜め切り、干し椎茸は石づきを切り落とし、戻した高野豆腐は軽く絞って4等分にする。

      工程写真
    • 2

      鍋に干ししいたけの戻し汁とA 酒大さじ1、しょうゆ大さじ1、砂糖大さじ1/2、人参を入れて火にかける。

    • 3

      沸騰したら鶏もも肉、戻した干し椎茸、軽く絞った高野豆腐を入れて煮る。 ※高野豆腐は最後に加えます。

      工程写真
    • 4

      煮汁が少なくなったらみりんを加え、鍋の具を寄せてスペースを作り、そこに長ネギとかつお節を入れて長ネギに火が通るまで煮る。 ※長ネギを最後に加える事で食感が残って美味しいですが、3の工程で同時に煮ても大丈夫です。

    レシピID

    390376

    「干し椎茸」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    管理栄養士 櫻井麻衣子
    Artist

    管理栄養士 櫻井麻衣子

    管理栄養士、料理教室主宰、基礎心理カウンセラー 〜心と体と食をつないだ幸せづくり〜 総合病院で献立厨房業務に携わった後、商社で営業アシスタントとして働きながら管理栄養士を取得。 その後心理学を学び特定保健指導や痩身美容外来で栄養指導に従事する。 美味しくて心と体に嬉しい料理の価値を多くの女性に伝えたい一心で2017年に独立。 美味しくヘルシーな家庭料理がパパッと作れる料理教室「fran cooking(フランクッキング)」を主催する側、レシピ開発やコラム執筆、食事カウンセリングなど幅広く活動しています。 栄養価が高くバランスの良い健康的な食事はダイエットや美肌といった体へのメリットだけでなく、イライラや疲労、気分のムラなどの予防になります。 また簡単で美味しい食事は心のゆとりにつながります。 女性が 心身ともに幸せでいられる食事をお伝えしていきたいと思っています。

    「料理家」という働き方 Artist History