レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ブルーベリーのドライカレー

主食

ブルーベリーのドライカレー
  • 投稿日2019/09/10

  • 調理時間15

レーズンの代わりにブルーベリーを使ったドライカレー。 フレッシュな味わいに仕上がります。 ブルーベリーの紫色の成分はアントシアニン。 目に良いファイトケミカルとしても有名ですが、抗酸化作用があるのでアンチエイジングにも効果が期待できます。

材料2人分

  • ブルーベリー(冷凍)
    60g
  • 豚ひき肉
    150g
  • 玉ねぎ
    1/4個(50g)
  • パプリカ(赤)
    1/4個(40g)
  • コーン
    30g
  • 雑穀ごはん
    2杯分
  • A
    にんにく(みじん切り)
    1かけ
  • A
    オリーブオイル
    大さじ1/2
  • B
    カレー粉
    大さじ1
  • B
    ケチャップ
    大さじ2
  • B
    小さじ1/4
  • B
    こしょう
    少々
  • イタリアンパセリ
    適量

作り方

ポイント

ごはんを入れる前に調味料を入れて具材になじませておきましょう。 ごはんがベチャっとせずに仕上がります。

  • 1

    玉ねぎ、パプリカ(赤)を8mmの角切りにする。

  • 2

    フライパンにA にんにく(みじん切り)1かけ、オリーブオイル大さじ1/2を入れて中火にかけ、にんにくの香りがたったら、豚ひき肉を入れて炒める。 火が通ってきたら、玉ねぎ、パプリカ(赤)、コーンの順に加える。

  • 3

    全体に火が通ってきたら、B カレー粉大さじ1、ケチャップ大さじ2、塩小さじ1/4、こしょう少々を入れて全体になじませ、雑穀ごはんとブルーベリー(冷凍)を入れて炒め合わせる。

  • 4

    器に盛り付け、イタリアンパセリを飾る。

レシピID

379502

「玉ねぎ」の基礎

「パプリカ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

カレー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

柴田真希
Artist

柴田真希

㈱エミッシュ代表取締役。Love Table Labo.代表。 1981年、東京生まれ 女子栄養大学短期大学部卒業後、給食管理、栄養カウンセリング、食品の企画・開発・営業などの業務に携わり、独立。 27年間悩み続けた便秘を3日で治した「雑穀」や「米食の素晴らしさ」を広めるべく、雑穀のブランド「美穀小町」を立ち上げる。 現在はお料理コーナーの番組出演をはじめ、各種出版・WEB媒体にレシピ・コラムを掲載する他、食品メーカーのコンサルティングや飲食店のメニュー開発プロデュースなどを手がける。 「私は「炭水化物」を食べてキレイにやせました。」「ココナッツオイル使いこなし事典」(ともに世界文化社)、「はじめての酵素玄米」(veggy Books)、「やっぱり、塩レモン!魔法の調味料で作る絶品レシピ」(河出書房新社)、しっかりごはんとシンプルおかず「おなかやせ定食」(主婦の友社)、「女子栄養大学の雑穀レシピ」(PHP出版)、「簡単! 美腸レシピ」 (エイムック)などを出版。

「料理家」という働き方 Artist History