レシピサイトNadia
    副菜

    【基本の和食】ほうれん草の白和え

    • 投稿日2016/11/30

    • 更新日2016/11/30

    • 調理時間20(豆腐を水抜きする時間は省く。)

    お気に入り

    5664

    すりこぎ等は使いません♪ 和え衣は基本ですので、お好きなお野菜でどうぞ。 和え衣は練りごまだけ、すりごまだけ、味噌だけ、醤油だけ!と色々試しましたが、この配合が一番美味しいと言って貰えます。

    材料4人分

    • ほうれん草
      1束
    • にんじん
      1/2本
    • しめじ
      1/2房
    • 木綿豆腐
      1丁
    • A
      白練りごま
      大さじ1
    • A
      白すりごま
      大さじ1
    • A
      醤油
      大さじ1
    • A
      味噌
      大さじ1
    • A
      砂糖
      大さじ2

    作り方

    ポイント

    お砂糖はお味噌の甘さによって調整して下さい。 お野菜は、小松菜や春菊でもどうぞ。

    • 1

      木綿豆腐をキッチンペーパー等に包んで水切りをする。 (上に少し重たいものを置いて、冷蔵庫に入れておいてゆっくりと水切りをして下さい)

      工程写真
    • 2

      ほうれん草はよく洗い、5センチ位に切る。 にんじんは千切りにし、しめじは小房に分けておく。

      工程写真
    • 3

      ほうれん草をサッと茹でる。 火を切る前30秒位前にしめじも一緒に入れて茹でる。 (別々に茹でて貰ってもOKです。)

      工程写真
    • 4

      にんじんも茹でる。

      工程写真
    • 5

      茹でたお野菜をザルにあげて冷ましておく。

      工程写真
    • 6

      ボウルにA 白練りごま大さじ1、白すりごま大さじ1、醤油大さじ1、味噌大さじ1、砂糖大さじ2を合わせておく。

      工程写真
    • 7

      水切りをした豆腐を手で潰しながら入れる。

      工程写真
    • 8

      混ぜておいたA 白練りごま大さじ1、白すりごま大さじ1、醤油大さじ1、味噌大さじ1、砂糖大さじ2と豆腐をよく混ぜる。

      工程写真
    • 9

      茹でておいたお野菜の水気をしっかりと切り、ボウルに入れる。

      工程写真
    • 10

      混ぜて冷蔵庫で1時間位馴染ませる。

      工程写真
    レシピID

    144736

    質問

    作ってみた!

    • さら
      さら

      2024/01/24 21:30

      豆腐の水切りがちゃんとできてなかったので、またリベンジします! 味はとても美味しかったです!! こんにゃくをいれてみました。
    • 337700
      337700

      2022/11/24 19:32

      ほうれん草1束って一袋でいいんでしょうか?すいません。
    • だいまま
      だいまま

      2022/11/16 14:18

      彩り良く美味しく出来ました。練胡麻がないのですりゴマ増量しました。鰹節をレンチンし粉状にして混ぜると更に旨味アップします。また作りたいです。
    • 44358
      44358

      2022/10/07 23:05

      母に作りました。 1人で2人分食べてました。 また作ります♪
    • 華組
      華組

      2022/02/08 20:12

      和え衣が本当に美味しく、2倍の量を作ってたっぷり頂きました!主人にも頻繁に作って〜と言われました✌️ありがとうございました。

    こんな「白和え」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「豆腐」の基礎

    「ほうれん草」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    きよみんーむぅ
    • Artist

    きよみんーむぅ

    料理作りは食べてくれる人への『愛情』と、こよなく白米を愛する自分自身の『食い気』。 手軽に、簡単に、美味しく!をモットーに皆様に作って頂けるレシピを考えてます。

    プロフィールへ
    「料理家」という働き方 Artist History