レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

焼かずにお手軽♪ご飯がつなぎのミートボールの夏野菜煮込み

主菜

焼かずにお手軽♪ご飯がつなぎのミートボールの夏野菜煮込み
  • 投稿日2022/08/14

  • 調理時間30

お気に入りに追加

89

パン粉が無くても余ったご飯があればOK!焼く手間も省いて煮るだけでOK !夏野菜の旨味と栄養たっぷりです^^ 薬膳効果 ☆豚肉…滋養強壮に、肌の乾燥に、喉の渇きに、便秘に、ビタミンB1を多く含み、疲労回復、脳神経の働きを正常に保つ   ☆牛肉...骨や筋肉の強化、食欲不振、虚弱体質、無気力に   ☆たまねぎ…滋養強壮に、血の滞りに、疲労回復に、生活習慣病予防に  ☆トマト…体の熱を冷ます、口の渇きに、食欲不振に、消化を促進 ☆ズッキーニ…熱を取り、潤いを補う。喉の渇きに、空咳に、イライラに、お腹の張りに、肌を潤し美肌にも効果的。

材料4人分2人分の分量はポイント欄に記載しています。

  • 合いびき肉
    500g
  • 玉ねぎ(ミートボール用)
    1/2個・正味100g
  • 1個
  • ご飯(冷めたもの)
    90g
  • A
    小さじ1/2
  • A
    胡椒
    少々
  • 薄力粉
    小さじ2~3位
  • トマト
    2個・正味300g
  • 玉ねぎ(煮込み用)
    1/2個・正味100g
  • ズッキーニ
    2本・正味290g
  • にんにく
    3かけ
  • B
    鶏がらスープの素・砂糖
    各小さじ2
  • B
    昆布茶又は昆布だしの素
    小さじ1
  • B
    酒(無塩)
    大さじ2
  • 塩・胡椒
    適量
  • オリーブオイル
    大さじ1
  • 粉チーズ・乾燥パセリ
    お好みで

作り方

ポイント

・24㎝の深型フライパンを使いました。 【2人分の場合】(小さ目のフライパンをお使いください。) 合いびき肉:250g 玉ねぎ(ミートボール用):1/4個・正味50g ご飯(冷めたもの):45g 卵:1/2個 Ⓐ塩:小さじ1/4 Ⓐ胡椒:少々 トマト:大き目1個・正味200g 玉ねぎ(煮込み用):大1/4個・正味70g ズッキーニ:1本・正味150g Ⓑ鶏がらスープの素・砂糖:小さじ1 Ⓑ昆布茶又は昆布だしの素:小さじ1/2 Ⓑ酒(無塩):大さじ2 塩・胡椒:適量 粉チーズ・乾燥パセリ:お好みで

  • 玉ねぎ(ミートボール用)はみじん切りにする。 トマトは2㎝のざく切りにする。 玉ねぎ(煮込み用)は1.5㎝角に切る。 ズッキーニは1㎝の輪切りにする。

  • 1

    ボウルに合いびき肉、卵、ご飯(冷めたもの)、A 塩小さじ1/2、胡椒少々入れて粘りが出るまで良く練り混ぜる。

    工程写真
  • 2

    フライパンにオリーブオイルとにんにくを中火で熱し香りが立って来たら、玉ねぎ(煮込み用)、トマト、ズッキーニを加えて炒める。

    工程写真
  • 3

    油がまわったら、B 鶏がらスープの素・砂糖各小さじ2、昆布茶又は昆布だしの素小さじ1、酒(無塩)大さじ2を加えて蓋をして、極弱火~弱火で約15分煮込む。 その間に1を団子状に丸め、薄力粉を全体に薄くまぶす。

    工程写真
  • 4

    煮汁がたっぷり出てきたら、ミートボールを加え、蓋をして弱火~弱めの中火で約6分煮込む。

    工程写真
  • 5

    ミートボールをスプーンでひっくり返し、蓋をして更に6~7分煮込み、火が通ったら、塩・胡椒で味を調えて出来上がり! 器に盛り、お好みで粉チーズ・乾燥パセリを振る。

    工程写真
レシピID

442850

「トマト」の基礎

「ズッキーニ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

トマト煮」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

松山絵美
Artist

松山絵美

11歳から6歳の4児ママです☆ 間違ったダイエットから心と身体を壊した自身の経験から、間違ったダイエットによる心への影響や食の大切さを伝えるべく、季節の食材を使ったヘルシーな料理を提案。身体も心も元気に楽しく美しくをモットーにしています。 忙しい日々、なるべく時間をかけず、簡単にお手軽な食材で作れるレシピを中心に、息抜きおつまみ、お友達と囲むおもてなし料理などもご紹介しています。 企業、メーカーのレシピ作成、開発。料理教室など。 また薬膳、チーズ、日本酒、ワイン、食と健康についての資格所有。 著書『4児ママ松山さんの薬膳効果つき やみつき節約めし』が絶賛発売中。

「料理家」という働き方 Artist History