レシピサイトNadia

    【こっくり甘辛味☆てりたま混ぜご飯】おかわりが止まらない!!

    主食

    【こっくり甘辛味☆てりたま混ぜご飯】おかわりが止まらない!!

    お気に入り

    1464

    • 投稿日2022/09/21

    • 調理時間20

    おかわりが止まらない! すぐになくなる家族みんなが大好き混ぜご飯。 簡単な調味料だけで作れる甘辛味の鶏もも肉を、ご飯に混ぜるだけの簡単ご飯です♪ しっかり味がついているので冷めても美味しい! お弁当やおにぎりにもぴったり☆ 三菱電機の本炭釜 紬はお米のうま味を最大限に引き出してくれて、いつものお米もより香り高く美味しく炊き上がります♪ ご飯はおにぎりにしてもねっとりしすぎることがなく、タレを加えても口の中でパラリと心地よくほどけます。 炊き立てご飯のふんわり漂う良い香りと甘みを是非体験してください!

    材料4人分2合分

    • 温かいご飯
      2合分
    • 鶏もも肉
      1枚(250~300g)
    • 小松菜
      1/2袋(100g)
    • 大さじ1/2(サラダ油、こめ油、オリーブオイルなど)
    • A
      しょうゆ
      大さじ4
    • A
      砂糖、みりん
      各大さじ2
    • A
      大さじ1
    • 2個
    • B
      白だし
      小さじ1
    • B
      少々
    • いりごま(白)
      適宜

    作り方

    ポイント

    ・炒り卵は簡単にレンジで作りましたが、鶏もも肉を炒める前にフライパンで作っていただいても大丈夫です。 ・味の濃さは、ご飯に加えるタレの分量を加減してお好みの味に仕上げてください。 ・ご飯に混ぜる時に小松菜と炒り卵を少しずつ残しておき、器に盛り付けてから上にのせるとより彩りが良くなります♪ #三菱電機タイアップ

    • ・小松菜は1cm幅程度にきざむ。 ・A しょうゆ大さじ4、砂糖、みりん各大さじ2、酒大さじ1を合わせてよく混ぜておく。

      工程写真
    • 1

      耐熱容器に小松菜を入れてふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で1分30秒を目安に加熱する。 (※まだ火が通っていないようであれば、様子を見ながら1分ずつ追加で加熱してください。) 小松菜が冷めて、水気がある場合は手でしぼる。

      工程写真
    • 2

      鶏もも肉は1.5cm角程度に切る。

      工程写真
    • 3

      フライパンを中火で熱して油を入れ、鶏もも肉に焼き色がつくまで炒める。

    • 4

      合わせたA しょうゆ大さじ4、砂糖、みりん各大さじ2、酒大さじ1を加え、照りが出るまで煮詰めるように炒める。

      工程写真
    • 5

      小さめの耐熱容器に卵を割り入れ、B 白だし小さじ1、塩少々を加えてしっかり溶きほぐしたら、ラップをせずに電子レンジ(600W)で40秒~1分加熱する。 取り出してスプーンやフォークでよく混ぜ、さらに1分程度加熱する。 取り出してよく混ぜ、炒り卵にする。 (※まだ卵がやわらかい場合は、様子を見ながら20~30秒ずつ追加で加熱してください。)

      工程写真
    • 6

      温かいご飯に1と4を加え、フライパンに残ったタレをお好みの量加えて全体をよく混ぜる。 具とタレがしっかり混ざったら、5も加えてざっくり混ぜる。

      工程写真
    • 7

      器に盛り、お好みでいりごま(白)をふる。 ※マヨネーズをかけたり、きざんだ青ねぎ(ともに分量外)をのせたりしても。

      工程写真
    • 8

      しっかり味がついていて冷めても美味しいので、おにぎりもおすすめです。

      工程写真
    レシピID

    440722

    「鶏もも肉」の基礎

    「小松菜」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    混ぜご飯」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    yAsu*
    Artist

    yAsu*

    美味しいごはんが食べたい! 毎日ごはんをできるだけ簡単に♫ "分かりやすい""作りやすい" そしていつもの食卓に少しだけ彩りを(^^) 三人家族 高校生男子の母が作る簡単楽ちんごはん。 家族の『おいしい!』の一言が何よりの活力です♡

    三菱家電ファンサイトレシピ
    「料理家」という働き方 Artist History