レシピサイトNadia
    汁物

    PR:サーモス株式会社

    疲れを吹っ飛ばす!ブロッコリーと春野菜の味噌カレースープ

    • 投稿日2024/03/29

    • 更新日2024/03/29

    • 調理時間20(スープジャーの保温時間を除く)

    「カレー」×「白味噌」で味つけた 新しいダイエットスープレシピが登場! ブロッコリーのジュワッと汁の染みた 食感がたまらないカレースープです *ˊᵕˋ* 味のポイントは「白味噌」と「しょうが」。 優しくクリーミーな白味噌がコクを作り、 しょうがで体がポカポカ温まります。 野菜たっぷりで食物繊維もとりやすい! ヘルシーでダイエット中に嬉しいレシピです。 お昼ごはんに持ち運び便利なサーモスのスープジャーに入れて、 ポカポカなスープで仕事の疲れを吹っ飛ばしていきましょう!

    材料1人分サーモススープジャー400ml使用

    • ブロッコリー
      4房(約100g)
    • れんこん
      2cm(約60g)
    • 新じゃがいも
      小3個(約80g)
    • オリーブオイル
      大さじ1/2
    • A
      300ml
    • A
      大さじ1
    • A
      おろししょうが(チューブ)
      小さじ1
    • B
      カレー粉
      小さじ1
    • B
      白味噌
      小さじ1
    • B
      少々
    • B
      こしょう
      少々

    作り方

    ポイント

    *新じゃがいもは皮付きのままでも大丈夫です!スーパーによって売られている大きさが違うと思いますので、一人で食べられる量のじゃがいもを使いましょう!レシピの分量も参考にしてください。 *アレンジに、新玉ねぎやアスパラガス、白菜、鶏肉を加えても美味しいです♪

    • スープジャーに熱湯(分量外)を入れ、フタをせずに5分以上保温する。

      工程写真
    • 1

      ブロッコリーは小房に分け、食べやすい大きさに切る。 れんこんは皮をむき、0.5cm幅に輪切りしてからいちょう切りにする。 新じゃがいもは皮をよく洗い、ひと口大の大きさに切る。

      工程写真
    • 2

      鍋にオリーブオイルをひいて、弱火〜中火で加熱する。れんこん、新じゃがいもを入れて、焼き色がつくまで炒める。

      工程写真
    • 3

      A 水300ml、酒大さじ1、おろししょうが(チューブ)小さじ1、ブロッコリーを加え、フタをする。 じゃがいもとブロッコリーが柔らかくなるまで弱火で5分ほど煮込む。

      工程写真
    • 4

      B カレー粉小さじ1、白味噌小さじ1、塩少々、こしょう少々を加えて味を調える。

      工程写真
    • 5

      スープジャーの湯を捨て、4を入れる。

    レシピID

    477303

    質問

    作ってみた!

    こんな「カレースープ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「じゃがいも」の基礎

    「ブロッコリー」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ともの(スープとおかず)
    • Artist

    ともの(スープとおかず)

    心ときめくヘルシーなレシピに出会える場所

    皆さんこんにちは! とものです☺︎︎ ここではダイエットが楽しくなる家庭的なアイデアレシピを発信しています。 オリジナルシリーズ『痩せスープ』 2.9万人フォロワー 1997年静岡生まれ 山形在住 【レシピ発信の想い】 万年ダイエット中の私がSNSでダイエットレシピを発信し始めたきっかけは、 『よくSNSで出回っているダイエットレシピには、同じ食材で“そっくりなレシピ”が多いなぁ…』と思っていたことです。 “もっといろんなアイデアで ダイエットを楽しめる人を増やしたい。” そんな想いで「どこにもない」アイデア満載なダイエットレシピを作ることにしました✍︎ 大学で学んだ栄養学や食育を通して『何を食べないかより、何を食べるか』という考え方を大切に、理想の体型をキープするレシピを発信しています😌💭 このページでは、 ダイエット中よくある悩みの1つ “何を食べたらいいのか分からない”を 解決していきます👍🏻 ダイエットを頑張りたい あなた自身のためにも、 ダイエット中のお子さんのためにも、 ぜひ献立の参考にしてください☺️✨

    「料理家」という働き方 Artist History