レシピサイトNadia
    主菜

    梅風味でさっぱり♩鶏肉となすの揚げ焼き浸し

    • 投稿日2024/06/19

    • 更新日2024/06/19

    • 調理時間15(冷やす時間は除く)

    これからの時期にオススメの、なすと鶏肉の揚げ浸しです。さっぱりとコクうまが同居する、本当においしいひと品♡ 鶏むね肉は塩麹を揉み込むのでしっとり柔らかです。 漬けダレに叩いた梅干しを加えることで、甘酸っぱくさっぱりとした仕上がりに。 暑さを感じてさっぱりしたものが食べたい時や、食欲が落ち気味かも…という時にもオススメです。 夏のひんやり主菜・副菜、麺類の具材としても🤗

    材料3人分

    • 鶏むね肉
      1枚(300g)
    • 塩麹
      大さじ1
    • 片栗粉
      適量
    • なす
      3本
    • 長ネギ
      1/2本
    • 梅干し
      1個(低塩はちみつ風味)
    • サラダ油
      適量
    • A
      麺つゆ
      70ml(2倍濃縮タイプ)
    • A
      酒・みりん
      各大さじ1
    • A
      100ml
    • A
      おろし生姜
      小さじ1/2

    作り方

    ポイント

    ・麺つゆは2倍濃縮タイプ、梅干しは低塩のはちみつ漬けを使用しました。それぞれお使いのものの塩分濃度により、お味は調整されてください。 → 3倍濃縮タイプの場合:50ml 4倍濃縮タイプの場合:30ml を目安にお好みで調整されてください。 ・鶏むね肉はもも肉でもおいしいです。 ・冷蔵庫でしっかり冷やしてからいただいても美味しいです。

    • 1

      鶏むね肉は食べやすい大きさの削ぎ切りにして、塩麹を揉み込む。なすは縦に縞模様に皮をむき、1.5cm幅の輪切りにし、水につける。長ネギはみじん切りにする。梅干しは種を取り叩いておく。

      工程写真
    • 2

      フライパンに1cmほどのサラダ油をひき中火にかけ、なすを返しながら揚げ焼きにする。焼き色がついたら取り出す。

      工程写真
    • 3

      鶏むね肉に片栗粉をまぶし、同じフライパンでこんがり揚げ焼きにする。

      工程写真
    • 4

      耐熱容器にA 麺つゆ70ml、酒・みりん各大さじ1、水100ml、おろし生姜小さじ1/2と長ネギを入れてふんわりラップをし、600Wのレンジで1分加熱する。粗熱が取れたら梅干しを入れて混ぜ合わせる。

      工程写真
    • 5

      油をきったなすと鶏肉を器に並べ、④に加えて浸す。器に盛り、お好みで白ごまをふる。

      工程写真
    レシピID

    485289

    質問

    作ってみた!

    「揚げ浸し」の基本レシピ・作り方

    こんな「揚げ浸し」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているArtist献立

    関連キーワード

    「鶏むね肉」の基礎

    「なす」の基礎

    「鶏肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ここえみ
    • Artist

    ここえみ

    栄養士・発酵食品ソムリエ

    • 栄養士
    • 発酵食品ソムリエ

    夫と大学生の娘の3人家族。 栄養士・発酵食品ソムリエ。 栄養士として、産科や小児科で栄養指導業務に就く傍ら、“作ることも食べることも楽しんで”をモットーに、ごはん作りを楽しんでいます。 キッチンに立つ私の様子を見て、とても楽しそうだから…と娘が勧めてくれた、おうちごはん投稿。 SNSで食や料理を通じて、大勢の方と繋がることができ、大きな喜びと嬉しさを感じています。 “食事をする”ということは、生きていく上で欠かすことのできない行為ではありますが、それだけではないと思っています。むしろ、他に大切なことが詰まっているんじゃないかと。 栄養バランスはもちろん大事ですが、食事をする時間が、義務感からくるただのお腹を満たすだけの時間ではなく、そこに誰かと美味しさを共有できる楽しさや、1人の時間であっても、ホッとできる安心感を得られたりする時間であってほしい。 そんなことを思いながら、日々仕事に就き、そしてお料理をしています。 見て楽しい、食べて美味しい、そしてほっと安らげるようなおうちごはんメニュー。 私が愛してやまない、麹を始めとする発酵食品を使ったメニューも、たくさんお届けできたらと思っています。 よろしくお願いします。

    「料理家」という働き方 Artist History