レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

シーフードパエリア

主食

シーフードパエリア
  • 投稿日2020/04/30

  • 調理時間40

サフランの代わりに、ニンジンの搾りかすでごはんに色付けしたパエリアです。サフランを使うよりも手軽で経済的です。野菜や魚介の旨味を吸ったニンジンライスは格別の美味しさで、野菜が苦手な子どもでも気付かずに食べてくれそう。見た目が華やかなので食卓がぱっと明るくなります。おもてなしやパーティーメニューとしてもおすすめです。

材料4人分直径26センチのフライパン使用

  • ニンジン
    1本
  • 2合
  • あさり(砂抜きしたもの)
    150g
  • エビ
    6尾程度
  • パプリカ(赤)
    1/4個
  • ブロッコリー
    1/4株
  • ミニトマト
    6個程度
  • 玉ねぎのみじん切り
    1/2個分
  • ニンニクのみじん切り
    1片分
  • A
    400㎖
  • A
    コンソメ顆粒
    小さじ1
  • A
    塩コショウ
    少々
  • 白ワイン
    大さじ3
  • オリーブオイル
    大さじ3
  • パセリのみじん切り
    少々
  • レモンのくし切り
    1~2切れ

作り方

ポイント

あさりを使うと旨味がぐんと増します。あさり以外はお好みの魚介を使ってください。野菜もお好みでアレンジしてください。 #HUROMタイアップレシピ

  • ニンジンはアドバンスト100に入れて、ジュースと搾りかすに分ける。(今回は搾りかす50g程度を使用します。)

  • 1

    米は研いでザルにあげ、しっかりと水気を切る。あさり(砂抜きしたもの)は殻をこすり合わせて洗い、汚れを落とす。エビは竹串で背ワタを取り除く。パプリカ(赤)は縦に細切りにする。ブロッコリーは小房に分ける。ミニトマトは洗ってヘタを取る。

    工程写真
  • 2

    フライパンにオリーブオイル大さじ1をひいて中火で熱し、エビ、あさりを入れて炒める。エビの色が変わったら、白ワインを加えて蓋をし、蒸し焼きにする。あさりの口が開いたら、汁ごといったん取り出しておく。

    工程写真
  • 3

    2のフライパンをさっと拭いて、オリーブオイル大さじ2をひいて中火で熱し、玉ねぎのみじん切り、ニンニクのみじん切りを入れてしんなりとするまで炒める。米とニンジンの搾りかすを加えて、米が透き通るまで炒める。

    工程写真
  • 4

    パプリカ、ブロッコリーを加えて、A 水400㎖、コンソメ顆粒小さじ1、塩コショウ少々を注ぐ。

    工程写真
  • 5

    煮立ってきたら、2を戻し入れてミニトマトを散らす。蓋をして弱めの中火で15分ほど炊く。炊き上がったらパセリのみじん切りをふって、レモンのくし切りを添える。全体を混ぜ合わせて、レモンを絞って頂く。

    工程写真
レシピID

387785

「にんじん」の基礎

「ブロッコリー」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

パエリア」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

楠みどり
Artist

楠みどり

野菜ソムリエプロ、フードコーディネーター、幼児食インストラクター。レシピ開発やコラム執筆、フードスタイリングなどの仕事をしています。子どもに伝えていきたい、ほっと和む家庭料理や子どもと一緒に楽しめるおやつを提案しています。今後は親子料理教室や食育活動にも力を注いで行きたいと思っています。 2008年 野菜ソムリエ(中級)取得 2009年 祐成陽子クッキングアートセミナー卒業 2017年 幼児食インストラクター取得

「料理家」という働き方 Artist History