Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. 豚とアスパラのスタミナ味噌炒め【#作り置き#お弁当】

    豚とアスパラのスタミナ味噌炒め【#作り置き#お弁当】 18分前

    398人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 豚バラと小松菜の中華風春雨煮【#作り置き#水戻し不要】

    豚バラと小松菜の中華風春雨煮【#作り置き#水戻し不要】 34分前

    100人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. 調味料全部大さじ1強!*昆布きゅうり*

    調味料全部大さじ1強!*昆布きゅうり* 47分前

    102人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 調味料全部大さじ1強!*ピリ辛きゅうり*

    調味料全部大さじ1強!*ピリ辛きゅうり* 48分前

    134人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. きゅうりとツナの無限サラダ【#作り置き#大量消費】

    きゅうりとツナの無限サラダ【#作り置き#大量消費】 59分前

    121人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

おつまみにも箸休めにも!もずくとたたききゅうりの梅肉和え

3
あえものの
人気レシピはこちら!

ランキングをもっと見る

2018.06.13

分類副菜

調理時間: 3分

ID304303

曽布川優子

見て楽しむ食べて味わうおいしいイタリアン

もずくとたたききゅうりを梅肉とめんつゆ米酢で和えた簡単時短な小鉢料理です。

あえもの 箸休め もずく 小鉢 時短 簡単 きゅうり 梅雨

このレシピをサイトに埋め込む

材料2人分
もずく 100g
きゅうり 1本(120g)
A
めんつゆ(2倍濃縮) 大さじ1
A
米酢 大さじ1
A
梅肉(チューブ) 10g
A
砂糖(ラカント) 小さじ1/2
A
ゴマ油 小さじ1
作り方
Point!
水洗い不要のもずくを使っています。 梅肉はざっくりと混ぜ合わせます。
  1. きゅうりは軽くたたいて食べやすい大きさに切る
  2. ボウルにA

    めんつゆ(2倍濃縮) 大さじ1、米酢 大さじ1、梅肉(チューブ) 10g、砂糖(ラカント) 小さじ1/2、ゴマ油 小さじ1

    の調味料を入れ軽く混ぜもずくときゅうりを加えて和える
     
  3. 器に盛り付ける
7 95
Nadia編集部おすすめ特集 Feature
  1. PR 【PR】存在感あるカレーを引き立てるスタイリング術
    存在感あるカレーを引き立てるスタイリング術 この特集を読む
  2. PR 【PR】暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾
    暑い夏にも!旬の佐賀県産アスパラガス特集 第2弾 この特集を読む
  3. PR 【PR】子どもも喜ぶ!いなば食品のコーン大量活用術
    子どもも喜ぶ!いなば食品のコーン大量活用術 この特集を読む
  4. PR 【PR】チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん
    チーズと腸活⁈Q・B・Bチーズでアスリートごはん この特集を読む
  5. PR 【PR】オーブンで簡単に香ばしさアップ!夏にぴったり「うざく」
    オーブンで簡単に香ばしさアップ!夏にぴったり「うざく」 この特集を読む
  6. PR 【PR】素材のうま味を楽しむ。サーモスの取っ手のとれるフライパン
    素材のうま味を楽しむ。サーモスの取っ手のとれるフライパン この特集を読む
  7. PR 【PR】BRUNO crassy+で香ばしさ満点タンドリーチキン
    BRUNO crassy+で香ばしさ満点タンドリーチキン この特集を読む
  8. 梅雨だる解消レシピ特集!身体が喜ぶさっぱり&スタミナ料理
    梅雨だる解消レシピ特集!身体が喜ぶさっぱり&スタミナ料理 この特集を読む
コメント・感想 Comment
このレシピの感想を伝える

ログインして感想を伝えよう!

つくメモ

<つくメモって?>
あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

お気に入り度

似たレシピをさがす Similar Recipe

簡単×紅生姜 (26) 時短×紅生姜 (14) 肉×ブレイザーソテーパン (4) 酢×低糖質なごちそうスープ (4) あえもの×鶏ガラスープの素 (3) きゅうり×黄パプリカ (3) もずく×酢の物 (3) 小鉢×鶏がらスープの素 (3) 梅×麺類 (3) 梅雨×黒糖 (3) 箸休め×麺 (3) 米×甘露煮 (3)
もっと見る

「もずく 」に関するレシピ

関連コラム article

PR Public Relations

最近見たレシピRatest Recipe more

おすすめコンテンツ contents