レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

ひと手間で超絶品!究極のBLTサンド

主食

ひと手間で超絶品!究極のBLTサンド
  • 投稿日2022/06/17

  • 調理時間10

お気に入りに追加

67

BLTはちょっと手間がかかる。なら!おいしくしたいですよね。ということで、絶品に仕上げるコツ、伝授します。

材料1人分

  • 食パン
    2枚
  • ベーコン
    2枚
  • レタス
    1/2枚
  • トマト
    1/3個
  • スライスチーズ
    1枚
  • オリーブオイル
    大さじ1
  • マヨネーズ
    大さじ2
  • ケチャップ
    大さじ1
  • 粒マスタード
    小さじ1

作り方

ポイント

①ベーコンを脱水する ②パンにソースを塗る ③チーズの効果

  • それぞれ以下のように切っておく ベーコン…7〜8mm幅程度に切り出しておく トマト…7〜8mm幅程度にスライス レタス…繊維と垂直に1cm幅程度に切る

  • 1

    「ベーコン」 ブロックタイプを用意。

    工程写真
  • 2

    「7〜8mm厚に切り出す」 2枚切り出して。

    工程写真
  • 3

    「脱水する」コツ① キッチンペーパーで包みます。できれば2枚ぐるぐるっと包むと◎

    工程写真
  • 4

    「脱水する」コツ① ここで表面を脱水することで焼くときの油はねが大幅に減り、かつカリカリになりやすくなります。

    工程写真
  • 5

    「オリーブオイル」 カリカリに焼くためには油も大事なので必ずしいて。詳しい理由は動画で。

    工程写真
  • 6

    「ベーコン」 両面に油を塗ると、よりうまくいきやすいです。

    工程写真
  • 7

    「焼く」 中火でじっくり焼くと失敗しづらいです。

    工程写真
  • 8

    「目指すべき状態」 このぐらいしっかり焼いてください。

    工程写真
  • 9

    「焼いた食パン」 好みはあると思いますが、個人的にはカリッと焼いた方が美味かと。

    工程写真
  • 10

    「マヨネーズ」コツ② 油分が多いソースを最初にパンに塗ることで野菜の水分がパンに染みなくなります。

    工程写真
  • 11

    「全面に塗る」コツ② ということでしっかり全面に塗るのが大事です。

    工程写真
  • 12

    「ケチャップ」 これはどちらかというと水分が多いのでマヨネーズの上に、手早く。

    工程写真
  • 13

    「全面に塗る」 サクサクいきましょう。

    工程写真
  • 14

    「粒マスタード」 これはそんなに水分が多くないのでもう1枚のパンに塗って。

    工程写真
  • 15

    「全面に塗る」 別々のパンに別々のソースを塗ることで食べたときに味にリズムがつきます。

    工程写真
  • 16

    「スライスチーズ」コツ③ 本来BLTには入らない食材ですが、レタス、トマトの水分を弾く効果があるのでオススメです。

    工程写真
  • 17

    「レタス」 繊維と垂直に1cm幅程度に切ったものを。色々試したんですが、これが一番食感、食べやすさのバランスがいいです。

    工程写真
  • 18

    「トマト」 7〜8mm程度にスライスしたものを。こんな感じで置くと切った時に汁が出ません。

    工程写真
  • 19

    「焼いたベーコン」 トマト同様、切る位置を意識して。

    工程写真
  • 20

    「サンドする」 単純に重ねるだけですが... ちょっとだけ押しつけましょう。

    工程写真
  • 21

    「切る」 トマト、ベーコンを切らないような位置で切ると、汚れず、おいしく食べられます。

    工程写真
  • 22

    「目指すべき状態」 こんな感じでトマトの汁も出ません。

    工程写真
  • 23

    「完成」 見た目はフツー。味は格別。これが究極のBLT。

    工程写真
レシピID

439040

「トマト」の基礎

「レタス」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

サンドイッチ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

こじまぽん助
Artist

こじまぽん助

料理の「それが知りたかった!」をあなたに。材料が同じでも、テクニックがなくても「作り方ひとつで」確実においしく作れるレシピをご紹介。 料理の「全ての工程には、おいしくなるための理由が必ず存在」しています。動画では、それを誰にでもわかるように解説しています。

「料理家」という働き方 Artist History