レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

もう剥がれない!激ウマピーマンの肉詰め

主菜

もう剥がれない!激ウマピーマンの肉詰め
  • 投稿日2022/07/01

  • 調理時間20

これで剥がれる問題に終止符。粉をつける必要もなし!しかもしっかりジューシーに仕上がる、究極の作り方をご紹介!

材料2人分

  • 合い挽き肉
    300g
  • ピーマン
    4個
  • 玉ねぎ
    1/4個
  • パン粉
    100ml
  • たまご
    1個
  • 2g (肉の0.8%)
  • 胡椒
    適量

作り方

ポイント

①ピーマンの下処理 ②エマルジョンと食感 ③低温で焼く

  • 玉ねぎをみじん切りにしておく

  • 1

    「ピーマン」 写真は1個ですが、合計4個使います。

    工程写真
  • 2

    「種とわたを取り除く」 ここまではフツーな感じ。

    工程写真
  • 3

    「外側に傷をつける」コツ① 組織密度が高い外側にフォークで4〜6回ほど傷をつけます。これで焼いている時に開くのを防げます

    工程写真
  • 4

    「合い挽き肉」 まずは"半量"です。残りは後で使うので、間違えないように!

    工程写真
  • 5

    「塩」 肉全量の0.8%分。

    工程写真
  • 6

    「胡椒」 強めに。ある程度しっかり入れることで"肉感"を感じやすくなります。

    工程写真
  • 7

    「よく混ぜる」 いわゆる粘りが出るまで捏ねます。

    工程写真
  • 8

    「目指すべき状態」 ここまでは一般的な感じ。

    工程写真
  • 9

    「玉ねぎ」 みじん切りにしたものを。食感を残したいので生のものを。

    工程写真
  • 10

    「パン粉」 ふわふわ感に直結するのはパン粉の量。ということで、よりふわふわにしたい方は多めに。理由は動画で。

    工程写真
  • 11

    「たまご」 タンパク質が加熱で固まる&水分が多いので、役割は"崩れにくくする"ことです。

    工程写真
  • 12

    「よく混ぜる」コツ② 再びよく捏ねます。このよく捏ねた状態のことをエマルジョンと呼びます。

    工程写真
  • 13

    「目指すべき状態」コツ② ひき肉は捏ねれば捏ねるほど"肉感"が弱くなります。つなぎの量と捏ね方で仕上がりが変わるんです。

    工程写真
  • 14

    「合い挽き肉」コツ② 残りの分を加えます。こっちは"肉感"を出すために"あまり捏ねないように"します。

    工程写真
  • 15

    「さっと混ぜる」コツ② ということで10秒程度、超サクッと混ぜます。

    工程写真
  • 16

    「目指すべき状態」コツ② さっきと状態が違うのがわかると思います。写真とテキストでは限界があるので、詳しいことは動画で。

    工程写真
  • 17

    「タネをピーマンに詰め込む」 文字通りギュッと詰めて。粉をつける必要はありません。そもそも粉にはほぼ意味ないですからね。

    工程写真
  • 18

    「油をしかずに直接フライパンに」 ここでは油はいりません。

    工程写真
  • 19

    「アルミホイルをかぶせる」 鍋蓋ではなく、アルミホイルがオススメ。焼き色をつけながら中心部まで火を入れるいい塩梅なので。

    工程写真
  • 20

    「焼く」コツ③ ここで初めて火を点けます。強火厳禁。弱めの中火でゆっくりと火を入れていきます。

    工程写真
  • 21

    「ひっくり返す」 4分経ったらひっくり返します。通常はピーマンを下にして焼くと剥がれるんですが...

    工程写真
  • 22

    「再びアルミホイル」 なるべく密着させるように。

    工程写真
  • 23

    「再び焼く」コツ③ あくまでも強火厳禁。

    工程写真
  • 24

    「ひっくり返す」 ピーマンにつけた傷のおかげで全く剥がれません。

    工程写真
  • 25

    「再びアルミホイル」 なるべく密着させるように。

    工程写真
  • 26

    「再び焼く」コツ③ ぼちぼち仕上げモード。

    工程写真
  • 27

    「ひっくり返す」 剥がれる気配なし!

    工程写真
  • 28

    「再びアルミホイル」 なるべく密着させるように。

    工程写真
  • 29

    「再び焼く」コツ③ 仕上げは焼き色を強めるために強火で。

    工程写真
  • 30

    「目指すべき状態」 見てください。全く剥がれてません!しかも、低温焼きのおかげで肉汁MAX!

    工程写真
  • 31

    「完成」 肉汁を感じやすいおろし醤油がおすすめ。ソースは好み次第でなんでも。

    工程写真
レシピID

439365

「玉ねぎ」の基礎

「ピーマン」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

ピーマンの肉詰め」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

こじまぽん助
Artist

こじまぽん助

料理の「それが知りたかった!」をあなたに。材料が同じでも、テクニックがなくても「作り方ひとつで」確実においしく作れるレシピをご紹介。 料理の「全ての工程には、おいしくなるための理由が必ず存在」しています。動画では、それを誰にでもわかるように解説しています。

「料理家」という働き方 Artist History