レシピサイトNadia
    主食

    カラフルで元気いっぱい!サバ缶を使ったヘルシービビンバ

    • 投稿日2020/06/03

    • 更新日2020/06/03

    • 調理時間20

    地元の魚屋さんのアイディアレシピとして考えたものです。パプリカ、ほうれん草も私の住んでいる釧路産のものを使用しています。地産地消レシピを考えているときはとても幸せです。

    材料2人分

    • さばの水煮缶
      1缶
    • 焼肉のタレ
      大さじ2
    • パプリカ(赤・黄)
      1/4ずつ
    • ほうれん草
      1/2袋
    • A
      すりおろしニンニク
      小さじ1/4
    • A
      ひとつまみ
    • A
      ごま油
      小さじ2(Aの材料はパプリカ、ほうれん草でそれぞれ使うので2つ分用意しておきます。)
    • ごはん
      好きな量
    • 温泉卵
      2個
    • 白いりごま
      適量

    作り方

    ポイント

    さばを炒める時は、少し煮詰めた方が美味しく仕上がるかもしれません。 食べるときは具材を混ぜて、合わせながら食べるとよいですよ。

    • 温泉卵は市販のものでもOKですが、簡単に作ることも可能です。 まず、お湯を沸騰させて火を止め、常温に戻しておいた卵を鍋に入れます。10分経ったら水にとって完成です。 ※卵は常温に戻しておく必要があるので注意しましょう。

    • 1

      フライパンにごま油(分量外)をしいて、水をきったさばの水煮缶を入れ、焼肉のタレで炒めます。

    • 2

      パプリカ(赤・黄)はスライスして600Wの電子レンジで1分半ほど加熱をし、A すりおろしニンニク小さじ1/4、塩ひとつまみ、ごま油小さじ2の材料で和えます。

    • 3

      ほうれん草を茹でて3〜5cmの長さにカット。ボウルに移してA すりおろしニンニク小さじ1/4、塩ひとつまみ、ごま油小さじ2の材料で和えます。

    • 4

      器にごはんを盛り付け、さば、パプリカ、ほうれん草をそれぞれ乗せます。 白いりごまを振ったあと中央に温泉卵を落として完成です。

    レシピID

    392925

    質問

    作ってみた!

    「ビビンバ」の基本レシピ・作り方

    こんな「ビビンバ」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「にんにく」の基礎

    「さば」の基礎

    「ほうれん草」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    片村優美
    • Artist

    片村優美

    初めまして、片村優美です。 *経歴* 管理栄養士として病院で10年弱勤務し、フリーランスを経て現在は短期大学で教員をしています。これまでレシピ開発や商品開発に携わってきましたが、そこで学んだことはビジュアルの大切さでした。視覚が美味しさに与える効果に気がついてからは、より美味しく魅力的に見せるためのテーブルコーディネートや撮影技術などに力を入れています。 *料理に対する想いや考え方* 管理栄養士という職業柄、自炊絶対主義だったりいつも健康的でバランスの良い食事をしていたりするのではないか?と思われることがあります。ですが、私自身毎日忙しく生活を送っている中で、食生活を徹底的に管理している時間なんてものはありません。 健康は毎日の積み重ねで作られていくものではありますが、誰もが食生活中心で生きているわけではありませんし、考え方はどんどん多様化してよいものだと思っています。 時代が変わるとともに"料理にかけている時間がない"生活を送る人が多い中で、自分ができることは「考えを押し付けない」「楽しみを優先にしてもらう」こと。管理栄養士だからといって栄養優先であるべきという考え方は捨てました。 食事は楽しく美味しくあることが、皆さんの健やかな心作りに役立つはずです。無理や我慢をせず、ストレスの少ない生活を送るためにもどんどん楽をしてください。 料理が好きな人は凝ったものを作って楽しんでほしいし、苦手な人は気が向いたときにキッチンに立ってみるくらいでも良いのではないでしょうか。そんな時に私が作ったレシピがお役に立てれば嬉しいです。 どうぞよろしくお願いいたします。

    「料理家」という働き方 Artist History