レシピサイトNadia
    主菜

    旨み凝縮♡『タラの切り身のアクアパッツア風』

    • 投稿日2020/03/28

    • 更新日2020/03/28

    • 調理時間15(下準備は除く)

    お気に入り

    3389

    旬のあさり、気軽に調理しやすい切り身魚を使用したアクアパッツア風です♡お洒落な見た目からなんだか難しそうなイメージのあるアクアパッツアですが、とってもシンプルで簡単なお料理!シンプルだからこそ旨味をよく味わえます♪アクアパッツアは本来スープを味わうものですが、今回は完全にあさりと切り身魚を主役にもってきたので"風"です(笑)今時期のお魚メインとしてアクアパッツア風どうでしょうか♡

    材料2人分

    • あさり
      180g
    • A
      200ml
    • A
      小さじ1
    • タラの切り身
      2~3切れ
    • B
      ひとつまみ
    • B
      大さじ1
    • 塩胡椒
      適量
    • ミニトマト
      4~5個
    • にんにく
      1かけ
    • オリーブオイル
      大さじ1
    • 大さじ2
    • パセリ・カットレモン
      適量

    作り方

    ポイント

    白ワインではなく身近な料理酒を使用し、気軽に調理しやすい切り身魚を使用しました。 ブロッコリーやパプリカを加えても◎

    • ざるをしいたボウルにA 水200ml、塩小さじ1を加え、あさりを加える。アルミホイルで蓋をして1~2時間砂抜きする。 砂抜きが終わればあさり同士をこすりつけるようにして軽く洗っておく。

      工程写真
    • 1

      タラの切り身にB 塩ひとつまみ、酒大さじ1をふり、しばらく置いておく。 その後キッチンペーパーで水気をふき取り、塩胡椒を振る。

      工程写真
    • 2

      ミニトマトは4等分に切る。 にんにくはみじん切りにする。

      工程写真
    • 3

      フライパンでオリーブオイルとにんにくを熱し、香りがたてばタラを加え両面を焼く。

      工程写真
    • 4

      タラの周りにあさりを加え、酒をまわしかけ蓋をして弱火~中火で3~5分ほど蒸し焼きにする。(あさりが開けばOK!) さらにミニトマトを加え、軽く煮る。

      工程写真
    • 5

      パセリ・カットレモンをトッピングする。

      工程写真
    レシピID

    388627

    質問

    作ってみた!

    • 871494
      871494

      2023/03/13 20:38

      美味しかったし、簡単なので良かったです

    このレシピが入っている特集

    クリスマス特集

    こんな「アクアパッツァ」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「あさり」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    RINATY(りなてぃ)
    • Artist

    RINATY(りなてぃ)

    料理家・料理インスタグラマー

    • 栄養士

    【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 2023年7月、Instagramのフォロワーさんが60万人を超えました! みなさん、いつもありがとうございます♪ 【著書】 『りなてぃの一週間3500円献立』(宝島社)★第8回料理レシピ本大賞・準大賞を受賞! 『りなてぃの一週間3500円献立2』(宝島社) 『りなてぃの30分で完成!簡単3品献立』(宝島社) 『2品だからうまくいく!#りなてぃ流2品献立』(宝島社) シリーズ累計発行部数は100万部を突破(2023年1月時点) 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

    「料理家」という働き方 Artist History