高野豆腐と十六ささげ(いんげん)の海老だし含め煮

15

2016.06.24

分類副菜

調理時間: 15分(味を含める時間を除く)

ID 140666

庭乃桃

ご飯がすすむおかず と ひとなべ欧風料理のレシピ

しみじみおいしい高野豆腐といんげんの煮物。最後に乾物の小海老を加えてじんわり味を含めれば、ちょっととごちそう感のある味に仕上がります。今回は「十六ささげ」と呼ばれるやわらかいささげいんげんを使ってみました。ふつうのいんげんでもおいしくできますよ。

    材料4人分
    高野豆腐 5枚
    十六ささげ(または いんげん) 10本~ (8本~)
    桜えび-素干し 5g (大さじ2強)
    A
    だし汁 3カップ
    A
    大さじ1
    A
    みりん 大さじ2
    A
    醤油 大さじ1
    A
    小さじ1/4
    作り方
    Point!
    ◆作りたてでも食べられますが、一晩置くと高野豆腐の中までじんわり海老だしがしみるのでとてもおいしくなります。
    1. こちらが「十六ささげ」。
      いんげんによく似ていますが、それよりもずっと長くて細いのが特徴です。
      筋を取る必要がなく、やわらかいのでとても使いやすいお野菜です。

      「あいちの伝統野菜」や、「飛騨・美濃伝統野菜」に認定されているほか、
      沖縄でも「フーロー豆」という名前で親しまれています。
    2. 高野豆腐は袋の表示にしたがって戻し、食べやすく切る。
      十六ささげも食べやすく切る(ふつうのいんげんを使う場合は筋を取ってから)。
    3. 鍋にA

      だし汁 3カップ、酒 大さじ1、みりん 大さじ2、醤油 大さじ1、塩 小さじ1/4

      を煮立て、高野豆腐を入れてふつふつするくらいの火加減で約5分煮る。
    4. 横に十六ささげ(または いんげん)を入れて、さらに3~4分、ささげがやわらかくなるまで煮る。
    5. 火を止めて桜海老を加え、全体に味をなじませる。
      粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、一晩おいて中まで味を含ませる。
    27 49
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「十六ささげ 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。