レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

めかじきのガーリックハーブステーキ

主菜

めかじきのガーリックハーブステーキ
  • 投稿日2016/09/18

  • 調理時間10

旨みのあるめかじきを、塩とハーブ、ガーリックの風味で焼き上げたステーキ風の一皿。メリハリのある味付けなので、パンだけでなくご飯にもよく合うメイン料理です。シンプルなお料理なので、おいしいお塩を使うととてもおいしくできます。

材料2人分

  • めかじき
    2切れ
  • 白ワイン
    小さじ2
  • オリーブオイル
    小さじ2
  • 青ゆず または好みのかんきつ類
    適量
  • A
    塩(あればフレークタイプの海水塩)
    適量
  • A
    ガーリック(ローストまたはあらびき)
    適量
  • A
    オレガノ(ドライ)
    適量

作り方

ポイント

◆青ゆずは、酸味がまろやかでとてもフルーティな香りがします(旨みのあるめかじき、海水から作られる海水塩とも相性抜群です)。  なければレモンやすだちなど、お好みのかんきつで代用してくださいね。

  • A 塩(あればフレークタイプの海水塩)適量、ガーリック(ローストまたはあらびき)適量、オレガノ(ドライ)適量を合わせてガーリックハーブソルトを作る。 または、市販のクレイジーソルトやハーブソルトなどを使ってもよい。

    工程写真
  • 1

    めかじきは全面に白ワインをなじませ、【A】を振る。

    工程写真
  • 2

    フライパンにオリーブオイルを熱して、汁けを切っためかじきを入れて中火で焼く。

    工程写真
  • 3

    片面にきれいな焼き色がついたらひっくり返し、めかじきに火が通るまでそのまま焼く。

    工程写真
  • 4

    皿に盛りつけ、青ゆず(またはお好みのかんきつ類)を添える。 食べる時に、さらに【A】を適量振りかけ、果汁を搾っていただきます。

    工程写真
  • 5

    ★おすすめのお塩は、イギリスの海水塩「マルドンシーソルト」のフレークタイプ。 海水塩ならではのまろやかな旨みがあり、フレーク状になっているので、 仕上げに振ると存在感があってメインのめかじきが最高においしくいただけます。

    工程写真
レシピID

142902

「にんにく」の基礎

「塩」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

魚料理」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

庭乃桃
Artist

庭乃桃

料理・食文化研究家 / 女子栄養大学 食生活指導士。 大学院でヨーロッパの歴史・文化を専攻し、現地へ留学。結婚をはさんで数年を過ごすなか、生活のベースとしての「食」の大切さを改めて感じて食の道へ。その土地ごとの暮らし・風土からうまれる料理や食のありかたを学ぶ。 現在は、料理家として企業向けレシピの開発やスタイリング・撮影を手がけるほか、食に関する書籍・コラムの執筆や翻訳、講演など多方面で活動中。 2020年、欧州連合(EU)の食品・飲料プロモーション「パーフェクトマッチ・キャンペーン」で、EU食材×日本食材のマッチングによる季節のオリジナルレシピを開発・監修。広尾のヨーロッパハウス(駐日欧州連合代表部)、国内最大の”食”の見本市・ファベックス関西ほか会場で、同キャンペーンの基調講演をおこなった。

「料理家」という働き方 Artist History