レシピサイトNadia

    |体を温める|けんちん汁

    汁物

    |体を温める|けんちん汁

    お気に入り

    30

    • 投稿日2022/11/24

    • 調理時間30

    精進料理のひとつけんちん汁。 動物の食材、お出汁を使わないのがきまりですが、野菜は何を使ってもかまわないので季節の野菜を使って楽しむことができます。 干し椎茸は一晩冷蔵庫でゆっくり戻しますが、昆布だしは顆粒のものを使いできるだけ簡単に。 子どもが食べやすいようにごま油で具材を炒めてコクを出しています。 少し残しておいて焼いたお餅を入れて食べても美味しいのでおすすめです。

    材料口径24㎝の鍋1台分

    • にんじん
      100g
    • 大根
      5㎝
    • ごぼう
      20㎝
    • 里芋
      3個
    • ぜんまい
      30g
    • 豆腐
      200g
    • くるまふ
      2個
    • 干し椎茸
      小 3個(又は乾しいたけ(スライス)10g)
    • A
      しょうゆ
      大さじ 2
    • こんにゃく
      200g(アク抜き済みのもの)
    • A
      日本酒
      大さじ 1
    • A
      昆布だし(顆粒)
      8g
    • ごま油
      大さじ 1
    • 1l
    • 一味唐辛子
      適宜

    作り方

    ポイント

    ・具材を同じ大きさに切ることで均一に煮え美味しく出来上がります。

    • ・保存容器に干し椎茸又は乾しいたけと水200mlを入れふたをして冷蔵庫入れ一晩置く。 ・くるまふはパッケージの表示通りに戻す。

    • 1

      ・くるまふは1つを16等分に切る。

      工程写真
    • 2

      ・にんじん、大根はいちょう切りにする。 ・ごぼうは皮をむき2㎜ぐらいの厚さの斜め薄切りにする。 ・こんにゃくは短冊切りにする。 ・ぜんまいは長さ3㎝に切る。 ・豆腐は厚さを半分に切り、1㎝角に切る。

    • 3

      ・油揚げはペーパータオルで油を取り、1cmの正角に切る。 ・里芋は皮をむきひと口大の半分に切り、塩をまぶして洗いぬめりを取る。 ・干し椎茸は水気を絞り軸を切り落として、カサを薄切りにする(乾しいたけは大きければカサを半分に切る)。 ・干し椎茸の戻した水は捨てない。

    • 4

      ・口径24㎝の鍋にごま油を入れ熱し、先にこんにゃくを炒める(こんにゃく臭さが取れる)。 ・続いて里芋以外の具材を入れ炒める。

      工程写真
    • 5

      ・水と干し椎茸の戻した水(全量)とA しょうゆ大さじ 2、日本酒大さじ 1、昆布だし(顆粒)8gを入れてひと煮立ちさせアクを取り弱火で10分煮る。 ・里芋を加えさらに10分煮る。 ・味をみて塩味が足らなければ粗塩で調え器に盛り一味唐辛子をふる。

      工程写真
    レシピID

    447675

    「里芋」の基礎

    「ごぼう」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    森口 ゆり子
    Artist

    森口 ゆり子

    フードコーディネーター/料理家 夫、小学生の息子2人の4人家族。 食べ継がれてきた家庭料理を基本に、食養生の考えを取り入れ、旬の食材や農産物を使った体にやさしく作りやすいレシピを心がけています。 【資格】 FCAJ認定フードコーディネーター3級 食生活アドバイザー 発酵食品ソムリエ

    「料理家」という働き方 Artist History