めんつゆ de トマトきゅうりツナの冷製パスタ♡和風アレンジ

10

2020.07.19

分類主食

調理時間: 10分

ID 395270

Tsugumi

ローマ発 イタリア家庭料理の魅力をあなたにも

麺つゆはとても便利ですよね。暑くて料理をしたくないなという日にも、麺つゆをうまく利用すれば、このような簡単&時短&手抜き料理が出来上がります。パスタを茹でる以外は、火を使わないものポイント。オリーブオイルを加えることにより、和洋折衷の仕上がりとなります。

私はフェデリーニの代わりにバルビーネというパスタを使います。茹で時間4分のバルビーネは太さも食感も素麺にとてもよく似ていてさっぱりといただけます。もちろん素麺でも代用可能。
生のトマトの代わりに、トマトソースを入れるとまた違った風合いが楽しめますよ。どうぞお試しくださいね。

    材料

    2人分
    フェデリーニ 100g(素麺でも美味しい)
    トマト 大1(完熟がよい)
    きゅうり 1/2本
    ツナ缶 1缶
    白ごま 適量
    A
    めんつゆ 100ml(濃縮の場合は水で薄めてください)
    A
    オリーブオイル 大さじ1
    ミントやレモングラスなどの香草 適量(あればお好みでどうぞ)

    作り方

    ポイント

    トマトは固いものではなく、完熟の柔らかいものを使用しましょう。トマト果汁がめんつゆに絡み、コクがアップします。

    冷製パスタのコツは表記時間より1分長く茹でて、その後冷水でしっかりと締めていくこと。締めたあとは水分をしっかりと切りましょう。そうしないとピンボケな味となってしまいます。

    冷製パスタをソースとあえる時は、ソースを作ったボウル内であえましょう。そのためボウルは大きめがお勧めです。また可能であれば、ひとつのボウルで1,2人分ずつ作ると味がしっかりと絡んで美味しく仕上がります。
    公式アプリで献立を作ろう

    レシピを自由に組み合わせて
    あなただけの献立が作れる!

    アプリストアへ

    1. トマトは1.5cmの角切り(お好みで皮や種は取り除く)、
      きゅうりは千切りにする。
    2. 鍋に1.5リットルのお湯を沸かし、大さじ1.5の塩(分量外)を入れ、沸騰したらフェデリーニを表記時間より”1分多く”茹でる。茹で終わったらすぐにザルにあけ、流水でしっかりと洗う。(氷水につけてもよい)その後、しっかりと水気を切る。
    3. パスタを茹でている間、大きめのボウルにA

      めんつゆ 100ml、オリーブオイル 大さじ1

      を混ぜ合わせ、トマト、オイルをしっかりと切ったツナ缶を加える。
    4. 水気をよく切ったフェデリーニを工程2のボウルの中に入れよく混ぜ合わせる。
    5. お皿に盛り付け、きゅうりの千切りを乗せ、白ごまをふりかける。お好みでミントやレモングラスなどの香草を添える。
    13 75

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    このレシピをサイトに埋め込む

    「冷製パスタ 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは