レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

やみつき♬主菜になる【厚揚げとほうれん草のうま塩ナムル】

主菜

やみつき♬主菜になる【厚揚げとほうれん草のうま塩ナムル】
  • 投稿日2020/03/31

  • 調理時間10(ほうれん草を浸す時間を除く)

★【メインのおかずになるほうれん草のナムル】ほうれん草というと、胡麻和え、お浸しが多いですよね〜。 バター炒めも美味しいですが、副菜のイメージです。 こちらは立派なおかずになりますよ。 厚揚げでボリュームアップです。 ★【ほうれん草の美味しい茹で方】 ビタミンは逃さずに、アクは抜く。 50度のぬるま湯につけてシャキっとさせるのもポイントです。 ★【レンジで2分!小松菜と油揚げのボリュームうま塩ナムル】 🆔392769 https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/392769

材料4人分

  • 厚揚げ
    小2枚(150g ×2)
  • ほうれん草
    1把(300g)
  • A
    小さじ1/2
  • A
    サラダ油
    小さじ2
  • A
    30ml
  • ごま油
    大さじ1
  • B
    しょうゆ
    大さじ1
  • B
    砂糖
    小さじ1
  • B
    塩・こしょう
    各少々
  • B
    おろしにんにく
    少々(チューブ 1cm)
  • B
    ごま油
    大さじ1
  • B
    すりごま
    大さじ1

作り方

ポイント

★ほうれん草のゆで時間は産地、鮮度により変わります。茎に爪を立ててみて、お好みの固さに茹でてくださいね(^。^) ★ほうれん草の他、小松菜、水菜でも。 その場合、水菜は生でもOKです。 ★【レンジ蒸し鶏と白菜のうま塩ナムル】 🆔401470 https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/401470

  • ほうれん草は根元に十文字に切り込みを入れ、50度のぬるま湯につけてシャキッとさせる。 〈5分〉

    工程写真
  • 1

    フライパンにほうれん草を互い違いに根元の上に片方の葉が乗るようにして入れ、A 塩小さじ1/2、サラダ油小さじ2、水30mlを入れて蓋をして1分、蓋を開けて、反対に返してさらに1分加熱する。

    工程写真
  • 2

    水に取り、何度か水を変えて水気を絞り、4cm長さに切る。 *ほうれん草には〈シュウ酸〉が含まれています。必ず下ゆでして水に取りアクを抜いてくださいね。

  • 3

    フライパンにごま油を熱し、厚揚げをこんがり焼き、粗熱が取れたら、半分に切り、1cm厚さの一口大に切る。

    工程写真
  • 4

    ボウルにほうれん草、厚揚げを入れて、B しょうゆ大さじ1、砂糖小さじ1、塩・こしょう各少々、おろしにんにく少々、ごま油大さじ1、すりごま大さじ1で調味する。

    工程写真
  • 5

    小松菜レシピはこちら! 小松菜は下ゆでせずに食べられるので、レンジだけで簡単! 【レンジで2分】 小松菜と油揚げのボリュームうま塩ナムル🆔392769 https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/392769

    工程写真
  • 6

    【主菜になるレンジ蒸し鶏と白菜のうま塩ナムル】 🆔401470 https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/401470

    工程写真
レシピID

388777

「厚揚げ」の基礎

「油揚げ」の基礎

「ほうれん草」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

ナムル」「野菜炒め」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

あーぴん(道添明子)
Artist

あーぴん(道添明子)

料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

「料理家」という働き方 Artist History