レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

【お魚嫌いでもOK】たまねぎたっぷり鯖の南蛮漬け#作り置き

主菜

【お魚嫌いでもOK】たまねぎたっぷり鯖の南蛮漬け#作り置き
  • 投稿日2020/05/01

  • 調理時間15(下味をつける時間を除く。)

お気に入りに追加

982

★鯖の唐揚げの応用編 https://oceans-nadia.com/user/44604/recipe/390695 2倍量作り、半分は南蛮漬けにします。 ★お魚嫌いのお子様もお醤油の香ばしい香りのする唐揚げは大好きです。 新たまねぎたっぷりの南蛮漬けにもしました。野菜もたくさん食べられる嬉しいおかずです。 ★【調味料もすし酢で簡単】 簡単に電子レンジで漬け汁を作ります。 ★お魚嫌いさんは骨があるともっと嫌いになってしまうので、指で丁寧に鯖の身を触って小骨も必ず取ってくださいね〜。 ★骨は魚の頭の方向に引いて抜くときれいに抜けます。

材料4人分

  • 1尾分(280g)
  • A
    しょうゆ
    大さじ1
  • A
    大さじ1
  • A
    おろし生姜
    小さじ1(チューブの場合 2cm)
  • A
    おろしにんにく
    小さじ1(チューブの場合 2cm)
  • 片栗粉
    大さじ4
  • 揚げ油
    適量
  • 新たまねぎ
    大1個(150g)
  • にんじん
    1/2本
  • ピーマン
    2個
  • B
    すし酢
    大さじ4
  • B
    みりん
    大さじ3
  • B
    ごま油
    大さじ2
  • B
    赤唐辛子
    1本(種を取る。)

作り方

ポイント

★鯖の骨を抜くのは〈骨抜き〉がやりやすいですが、なかなか魚用の骨抜きは専門店でないと売っていません。1000円くらいします。たまにしか使わないのであれば、100均でも売っているピンセットや毛抜きでもOK◎ 必ず骨は抜いてくださいね。 ★鮭やたらの切り身を使うと骨もなく、簡単に作れます。 ★新たまねぎは水に晒さずに入れてくださいね。たまねぎの場合は少し水にさらしてから使うと辛味が抜けます。 ★つける粉は片栗粉にすると白く薄化粧したようになります。 片栗粉は揚げる直前にまぶすのがポイントです!

  • ☆鯖は骨を抜き、そぎ切りにしてA しょうゆ大さじ1、酒大さじ1、おろし生姜小さじ1、おろしにんにく小さじ1で下味をつける。 (15分以上) ☆にんじん、ピーマンはせん切りする。 ☆新たまねぎは薄切り。

    工程写真
  • 1

    耐熱容器にB すし酢大さじ4、みりん大さじ3、ごま油大さじ2、赤唐辛子1本を入れて、電子レンジ(600W)で1分加熱して、南蛮漬けを漬ける容器に入れる。

    工程写真
  • 2

    漬け汁ににんじん、新たまねぎ、ピーマンをいれておく。

    工程写真
  • 3

    鯖の汁気をキッチンペーパーで拭き取り、片栗粉をまぶして、フライパンに揚げ油を1〜2cm中温(170度)に熱し、皮面から入れてこんがり揚げ、【2】の野菜の上に熱いうちに漬ける。

    工程写真
  • 4

    揚げたての鯖を野菜の上に熱いうちに漬ける。

    工程写真
  • 5

    作り置き保存可能 冷蔵庫で3〜4日保存可能です。 野菜は冷凍できませんが、鯖のみ冷凍可能です。(2〜3 週間)

    工程写真
  • 6

    《小骨の取り方》 鯖の小骨は背骨のあたりにたくさんあります。指で触ってみて、魚の頭の方向へ骨抜きで引くとスーッと抜けます。 骨抜きがない場合にはピンセットや毛抜きでも。

    工程写真
レシピID

390771

「にんにく」の基礎

「にんじん」の基礎

「さば」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

唐揚げ」「南蛮漬け」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

あーぴん(道添明子)
Artist

あーぴん(道添明子)

料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

「料理家」という働き方 Artist History