土曜日お昼の焼き飯

15

2021.08.22

分類主食

調理時間: 15分

ID 419889

旬食料理研究家 久保 たかひろ

ちょうどいい加減の旬食おうちごはん

土曜日のお昼は子供の頃から、吉本新喜劇をテレビで観ながら焼飯を食べていました。
思い出の焼き飯を誰もが失敗せずに作りやすく再現しました^^

    材料

    1人分
    炊いたご飯 お茶碗1杯分
    生卵 2個
    玉ねぎ 1/4個
    にんじん 1/4本
    細ねぎ 2束分
    ごま油 大さじ1
    ソーセージ 2本
    醤油 大さじ1/2
    適量
    生姜 1かけ(1かけは親指の第一関節くらいまでの大きさです。)

    作り方

    ポイント

    家で焼飯を作る時には、
    ・火力は強火にしないでもよい
    ・フライパンは振らなくてもよい
    ・混ぜすぎなくてもよい
    これをおこなえば美味しく失敗せずに作れます^^

    ご飯は冷やご飯を使う場合は、レンチンして温めてから作ってください。
    冷やご飯のままだと卵かけごはんを作りにくくて、フライパンの温度が下がってしまい、ベタベタに仕上がってしまいがちになります。フライパンの温度を下げないようにするのが美味しく仕上がるコツです^^
    1. 玉ねぎ、にんじんを1センチ角に切る。ソーセージは5ミリくらいに輪切り、細ねぎは小口切り、生姜は3ミリくらいに荒みじん切りに。
    2. フライパンにごま油:大さじ1と生姜を入れて中火でさっと炒めたのち、玉ねぎ、にんじん、ソーセージを入れて炒めていく。時々混ぜるだけで良いです。
    3. 2と同時進行で、ボウルに炊いたご飯と生卵を割り入れて、卵かけご飯をつくっておく。
    4. 2に3を加えて、フライパン全体に広げる。
      時々混ぜていくとご飯の表面についた生卵が固まってきて、
      パラパラになっていきます。
    5. ある程度、パラパラになってきたらフライパンの片面に寄せて、空いたフライパンのところに醤油を加える。
      少し焦がしてから、刻みねぎを加えて混ぜ合わせる。
    6. 塩をひとつまみずつ加えて、味を調整する。一度、お椀にぎっしりと入れてからだと、きれいに盛り付けれます。
    1 44

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    ※つくメモは順次アプリのみのサービスに移行します。詳しくはこちら。

    お気に入り度

    レシピの関連キーワード Keywords

    焼き飯 フライパン にんじん ソーセージ ごま油 玉ねぎ 生姜

    このレシピをサイトに埋め込む

    「焼き飯 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    アプリで
    見る
    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは