レシピサイトNadia

    大根の肉味噌のせ

    副菜

    大根の肉味噌のせ

    お気に入り

    177

    • 投稿日2019/01/24

    • 調理時間20

    主役は大根!やわらか〜い大根にコク旨の味噌ダレをのせてお召し上がりください。

    材料2人分

    • 大根
      10cm
    • 豚ひき肉
      150g
    • 長ねぎ
      10cm
    • A
      しょうゆ・酒
      各大さじ1
    • A
      味噌
      小さじ2
    • A
      砂糖
      小さじ1
    • B
      大さじ4
    • B
      片栗粉
      大さじ1
    • C
      バター
      10g
    • D
      片栗粉
      適量
    • サラダ油
      小さじ1

    作り方

    ポイント

    大根に切り込みを入れることで早く火が通り、タレも絡みやすくなります。切り込みは1/3の厚さ程度まで入れてください。

    • 大根は輪切り(幅2.5cm)にして格子状に隠し包丁を入れる。 長ねぎは白髪ねぎまたはみじん切りにする。 ボウルにA しょうゆ・酒各大さじ1、味噌小さじ2、砂糖小さじ1を合わせみそダレを作る。 ボウルにB 水大さじ4、片栗粉大さじ1を合わせ水溶き片栗粉を作る。

    • 1

      フライパンに大根を入れ、たっぷりの水を入れ中火にかけ、大根がやわらかくなるまで煮る。

      工程写真
    • 2

      1の大根のあら熱が取れたらD 片栗粉適量を薄くまぶす。 フライパンにサラダ油を熱し、大根の両面を焼き、焼き色がついたらC バター10gを加えて、フライパンをゆすり全体に絡め、器に盛る。 ※ フライパンは洗わず、ひき肉を炒める。

      工程写真
    • 3

      2のフライパンに豚ひき肉を入れて炒め、ひき肉に8割程度火が通ったら、みそダレを入れて混ぜながら炒め、肉に完全に火が通ったら水溶き片栗粉を回し入れとろみがついたら火を止める。

      工程写真
    • 4

      2に3をかけ、白髪ねぎをあしらう。

      工程写真
    レシピID

    371212

    「大根」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    簡単料理研究家*服部みどり
    Artist

    簡単料理研究家*服部みどり

    【家庭料理には人を幸せにする底力がある】 材料は少なめ・シンプルな調理で身体にやさしい家庭料理レシピをご紹介します。 皆さま食卓に笑顔が増えますように!!どうぞよろしくお願いします。 【略歴】 カフェや居酒屋チェーン店立ち上げ業務(マネジメント・メニュー開発経験あり)など飲食業界に携わったのち、野菜を扱う食品メーカーで料理レシピ企画を担当。現在は書籍のレシピ制作・飲食店メニュー開発のほか、雑誌・テレビ・新聞・WEBなどメディア各種で食品や調理家電などの検証を行う料理家として活動中。 【メディア出演関連】 NHKひるまえほっと かんたんごはん テレビ東京 よじごじDAYS 読売新聞レシピ ラジオ(TOKYO FM / ラジオ埼玉) LDK MONOQLO 家電批評 サンキュ! など 【飲食店メニュー企画】 ・観光地カフェ立ち上げ(東京都小笠原村) ・天然素材のかき氷レシピ開発(東京都神保町) ・添加物を使わないドレッシング開発(千葉県津田沼) テイクアウト専門店メニュー・居酒屋チェーン店・カフェなど 【料理本レシピ企画】 ・スピード完成!野菜の大量消費おかず ・時間がない人のためのやせる超速つくりおき ・時間がない人のための超速つくりおき ・作りおきレンチンおかず ・うちのから揚げがうまい そのほか月刊誌のレシピ企画など 【得意なジャンル:家庭料理編】 ・あまり手をかけない シンプル調理 ・化学調味料に頼らず 基本調味料で作る家庭料理 ・体調不良のときに胃腸にやさしいいたわり料理 ・蒸し料理 ・初心者おやつ ・お味噌汁(一汁一菜) 【得意なジャンル:商業編】 原価・オペレーションを考慮したメニュー開発 ・居酒屋・カフェ・観光地・テイクアウトおかずなど 【好きな地域】 ・ハワイやタイなど南国系の観光地 ・離島(伊豆七島)や沖縄 ・東京・茨城・千葉 ★★★ NEW ★★★ ナチュラルフードコーディネーター資格取得 添加物に頼らずに作るヘルシー料理のほか、卵・乳製品などを使わないヴィーガン対応・プラントベース料理のレシピ制作もいたします

    「料理家」という働き方 Artist History