レシピサイトNadia
    主食

    小松菜、豚肉の彩あんかけ焼きそば

    • 投稿日2023/09/25

    • 更新日2023/09/25

    • 調理時間15

    小松菜、豚肉、しめじ、人参、タケノコで五目あんかけ焼きそばにしました。 冷蔵庫にちょっとずつ余った具材があったので、中華あんかけの焼きそばにしました。

    材料2人分

    • 豚肉スライス
      100g
    • 小松菜
      150g
    • 人参
      50g
    • しめじ
      30g
    • タケノコ
      50g(水煮)
    • A
      200cc
    • A
      鶏ガラスープの素
      小さじ1
    • A
      酒、みりん、醤油、オイスターソース
      大さじ1
    • A
      生姜すりおろし
      k祖味1/2
    • 水溶き片栗粉
      適量(片栗粉 大さじ1+水 大さじ1.5)
    • 塩、胡椒
      少々
    • ごま油
      適量
    • 中華麺
      2玉

    作り方

    ポイント

    焼きそばの表面をカリっと焼くと香ばしさが増して、美味しいですよ。

    • ①豚肉スライスは食べやすい大きさに切り、塩、胡椒をしておく。 ②小松菜は長さ4㎝に切る。 ③人参、たけのこは半月切りにする。 ④しめじは石突を切り落とし、ほぐす。

    • 1

      フライパンにごま油をひき、中火で熱し、豚肉を並べ、炒めたら、小松菜、人参、しめじ、タケノコをいれて火を通す。

    • 2

      A 水200cc、鶏ガラスープの素小さじ1、酒、みりん、醤油、オイスターソース大さじ1、生姜すりおろしk祖味1/2を加えて、具材がしんなりするまで煮たら、水溶き片栗粉でとろみをつける

    • 3

      ①中華麺は袋の四隅を切り、電子レンジ(600W)で、1分30秒加熱する。 ②フライパンにごま油をしき、麺の裏表がカリっとなるまで焼く。

    • 4

      お皿に中華麺をならべ、具材のあんをのせて完成です。

    レシピID

    468805

    質問

    作ってみた!

    「あんかけ焼きそば・かた焼きそば」の基本レシピ・作り方

    こんな「あんかけ焼きそば・かた焼きそば」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「豚肉」の基礎

    「小松菜」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    ぐるまん食堂
    • Artist

    ぐるまん食堂

    料理研究家くつろぎの食卓

    • 食品衛生責任者
    • ベジタブル&フルーツアドバイザー

    🌺家族のために料理を作り始め、40年目を迎えました。🌺    品数が少ない頃がありました。  煮物が下手な頃がありました。  鍋を焦げ付かせたこともありました。  家族の口に合わず、怒られたことも多々ありました。  落ち込んだことは、星の数ほどありました。  努力のかいがあって、皆様にレシピをお伝えできて嬉しいです。   🍳4歳から調理師の祖母に料理を教わりました。🍳 13歳の時に、母が子宮癌になり他界したので、家族のために料理を作り始めました。祖母は心臓病を患っており、父は糖尿病で食事管理が必要でしたので、健康的な食事、生活習慣について考えるようになりました。食・環境・エネルギーの問題、栄養学、食事療法の本を読み、身体や環境に無理のないライフスタイルを意識するようになりました。 父の糖尿病の食事管理を25年しました。仕事で接待が多く、外食のカロリーを気にしていたので、安心して、美味しく食べて欲いと思い、京都調理師学校内にある、料理教室で京料理、フレンチ、イタリアンを各2年間 学びました。 🌎食の安全、健康、環境問題を考え、LOHASを目指しています。💞 私達の身体を守ることは環境を守ることにつながります。 食の安全、健康、環境問題を考え、LOHAS(Lifestyles of Health and Sustainability)、SDGs(海の豊かさを守ろう)を目標に、料理レシピのご提案、身体の代謝を促進するシリカサプリ、栄養豊富な国産非加熱れんげ蜂蜜の販売、浄水器の普及を通じて水の環境改善、ペットボトルの廃棄問題に取り組んでおります。 🌽食の資格🍅 ・食育コミュニケーター ・食品衛生管理者(ibeliebe farm有限会社登録) ・ベジタブル&フルーツアドバイザー ・フォトスタイリング2級

    「料理家」という働き方 Artist History