Nadia公式アプリで
便利にレシピ検索!

  1. ご飯が進む簡単スピードおかず!『大根のそぼろ炒め』節約にも◎

    ご飯が進む簡単スピードおかず!『大根のそぼろ炒め』節約にも◎ 2分前

    106人がこのレシピをお気に入りにしました!

  2. 甘辛味が人気♪豚バラと白菜の旨煮

    甘辛味が人気♪豚バラと白菜の旨煮 3分前

    114人がこのレシピをお気に入りにしました!

  3. ガッツリ男子大満足!ビーフじゃなくワンパンチキンストロガノフ

    ガッツリ男子大満足!ビーフじゃなくワンパンチキンストロガノフ 6分前

    134人がこのレシピをお気に入りにしました!

  4. 練りごまがなくても大丈夫!キャベツも加えた、鶏むね肉の棒棒鶏

    練りごまがなくても大丈夫!キャベツも加えた、鶏むね肉の棒棒鶏 13分前

    114人がこのレシピをお気に入りにしました!

  5. 熱々うま〜い♡春巻きの皮deベーコンポテトパイ

    熱々うま〜い♡春巻きの皮deベーコンポテトパイ 50分前

    176人がこのレシピをお気に入りにしました!

  6. \今話題のレシピを見つけよう!/

    タイムラインを見る

【栁川さん家のパンのある生活~第14回~】トマトジュースで作る!トマトブレッド

「シンプルな料理をより美味しく!」をモットーに、毎日食べても飽きない「おうちごはん」が得意な栁川かおりさん。インスタグラムやブログではパンレシピを度々アップし、定評を集めています。そんな栁川さんに「栁川さん家のパンのある生活」と題し、パンのこね方から、アレンジ方法まで幅広くご紹介していただきます。 今回はトマトジュースを使ったトマトブレッドの作り方をご紹介します。トマトの酸味と甘さが夏らしさいっぱいです。ぜひ作ってみてください!

キーワード
パン トマト パン連載
この記事をお気に入りに追加

 

暑い季節にぴったり!トマトブレッド

日差しも強くなってきて、そろそろ夏の気配ですね。

暑くなるこれからの季節は、オーブンを使うのも少し悩ましいですが、夏には夏のパン。トマトの酸味と甘さを感じるトマトブレッドを作ります。

もとになるレシピは、いつもの基本の丸パン。水以外の材料と分量は基本の丸パンと同じで、丸パンでは水を加えて作っていたところをトマトジュースにするだけです。生のトマトを練り込んでもいいのですが、パン作りは水分量が大切。水分量が調整しやすいトマトジュースで作ります。

 

トマトブレッドの作り方

【材料(8個分)】
強力粉 200g
A砂糖 15g
Aドライイースト 3g
トマトジュース(食塩無添加) 130~140g
塩 4g
バター(無塩) 15g

【作り方】
生地をこねる~一次発酵までは基本の丸パンとほとんど同じです。

●基本の丸パンのレシピはこちら
『基本の丸パン。』

1.材料を準備する。


・大きいボウル(ボウルA)に強力粉の半量とAを入れます。イーストは糖分を栄養にして発酵するので砂糖の隣に入れましょう。
・小さいボウル(ボウルB)に残りの強力粉と塩、無塩バターを入れます。
・通常だと水は人肌に温めてから使いますが、トマトジュースは温める必要はありません。冷蔵庫で冷やしたものではなく、常温においたものを使いましょう。

2.生地を混ぜる。

ボウルAのイーストめがけてトマトジュースを加え、粘りが出てなめらかになるまでヘラで手早く混ぜます。ボウルBを加えてさらに混ぜ、ひとかたまりになったら台に出してこねていきます。

3.生地をこねる。

生地を伸ばしたり叩いたりを繰り返します。無塩バターが生地になじむまでは伸ばしを繰り返して、その後は叩きも加えながらこねます。基本の丸パンよりも少しベタつきやすい生地になるので、“叩く”作業を多めに入れて、手早くこねるといいですよ。ベタついてデコボコしていた生地が、手にベタつかず表面がなめらかになるまで5~10分程こねます。

4.一次発酵させる。

生地の表面をぴんと張るようにして丸め、とじ目を下にしてボウルに入れてぴったりとラップをし、2倍の大きさに膨らむまで暖かいところに置きます。発酵時間はオーブンなどの発酵機能を使うと40℃設定で30~40分、暖かい季節の常温なら60分程度で膨らみます。粉をつけた指で押して、戻ってこなければ発酵完了のサインです。

5.分割する。

一次発酵が終わったら生地を台に出して、今回はコロンと小さなパンにしたいので8等分にします。そして、かたく絞った濡れふきんをかけて10分寝かせます。(ベンチタイム)

6.成形する。

生地をひとつ取り出し、きれいに丸めなおし、オーブンシートを敷いた天板に間隔をあけて並べます。

アレンジでチーズ入りにするのもおすすめです。チーズを入れる場合は、生地のとじ目を上にして手で丸く伸ばします。このとき、中央をやや厚く、周囲を薄く伸ばしてください。中央に角切りにしたプロセスチーズ(生地1個につき15g・分量外)をのせて、対角線をつまむようにして生地を寄せてチーズを包みます。手のひらで丸く整えて、オーブンシートを敷いた天板にとじ目を下にしておきましょう。

7.二次発酵させる。

暖かいところで乾燥させないように30~40分おいて二次発酵させます。

8.切り込みを入れる。

生地がひとまわり大きくなったら強力粉(分量外)を茶こしなどでふりかけ、ペティナイフなどで3本浅く切り込みを入れます。

*チーズ入りのものはキッチンバサミで生地に十字の切り込みを入れて、上にピザ用チーズ(分量外)をのせます。ハサミで生地を切るときは、やわらかくてべたつきやすいので素早さが大切。生地を上に引き上げるようにすると切りやすいですよ。

9.焼成する。

190℃に予熱したオーブンで10~12分焼きます。焼きあがったら網にのせて冷まします。

ほんのりトマトの酸味と甘さを感じる、オレンジ色の夏らしいトマトブレッド。そのままでもサンドイッチにするのもおすすめです。

●このレシピをお気に入り保存する
『トマトブレッド』

ほかのパンも同じようにトマト生地にアレンジ可能です。例えば、フォカッチャ。仕込み水をトマトジュースにすれば、トマトフォカッチャにできますよ。ベーコンを生地に混ぜ込んでベーコントマトフォカッチャにするのもおすすめです。ぜひ試してみてくださいね。

●基本のフォカッチャのレシピはこちら
『厚焼きフォカッチャ。』

 

これまでのパン連載はこちら
・栁川さん家のパンのある生活

 

このコラムを書いたNadia Artist

栁川かおり
https://oceans-nadia.com/user/11285

 

キーワード
パン トマト パン連載
この記事をお気に入りに追加

おすすめコラム Recommend Column

Nadia編集部おすすめ特集 Feature

    関連コラム Related Column

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。

    プレミアムサービスとは