レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

豚肉の春っぽくて美味い奴

主菜

豚肉の春っぽくて美味い奴
  • 投稿日2019/04/17

  • 調理時間30

豚肉と言えば、ロースやバラが一般的。フィレ肉は、カツで使うくらいでしょうか?今回は、そのフィレ肉をソテーしました。ソテーと言っても、ただ焼くのではなくて、多めのバターでゆっくり焼きます。 

材料2人分

  • 豚フィレ肉
    6切(約250~300g)
  • トマト
    2個(小さめのもの約250g)
  • にんにく
    1片
  • 白ワイン
    大さじ2
  • バター
    20g
  • 溶かしバター
    大さじ4
  • 小麦粉
    適量
  • 塩コショウ
    適量

作り方

ポイント

※溶かしバター:バターを耐熱容器に入れ、軽くラップをして電子レンジで加熱して完全に溶かし、上澄みだけをすくいとったもののことです。 火加減は中火。煮込むとまでは言いませんが、バターを肉に染み込ませるイメージです。バターの旨味を活かすために、ワインなど、肉には使いません。余った溶かしバターは、ソースの仕上げに入れてください。

  • 1

    トマトは1㎝ほどのさいの目切りに、ニンニクは、縦半分に切り、半分をみじん切りにしておく。

  • 2

    鍋に※溶かしバター(大さじ1)と、1のみじん切りにしたニンニクを入れて中火で熱し、ニンニクに火が入ったら1のトマトを入れ、約1/2になるまで煮詰め、白ワインを入れてよく混ぜ、いったん火を止めておく。

  • 3

    豚フィレ肉は、6等分の輪切りにして塩、コショウし、小麦粉を付けておく。

  • 4

    フライパンに残りの溶かしバターと、1の半分に切ったにんにくを入れて中火で熱し、3の豚肉を入れてソテーし、焼き色が付いたら裏返し、弱火にして肉に火を入れて、器に盛りつけておく。

  • 5

    2の鍋を中火で熱し、沸騰したらバターを入れて混ぜ、塩コショウで味を調え、4の豚肉にかける。

レシピID

374755

「トマト」の基礎

「豚肉」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ポークソテー」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

森野熊八
Artist

森野熊八

16歳から包丁を握り、大学卒業後、フランス料理、イタリア料理の修業をし、 料理学校の西洋料理担当教授として活躍をしたという経歴を持つ。 1990年より〈料理の作り方を歌詞にして、歌いながら料理を作る〉というパフォーマンスを考案、 料理教室やライブハウスなどで「森野熊八クッキングショー」として活動し注目を集める。 テレビにおいても、料理に対する熊八独自の視点とアイデア、その軽妙な話術で数多くの番組に出演、 “料理をより身近なものに” というポリシーのもと、楽しくて美味しい「クッキングショー」も展開している。 近年は、NTV「遠くへ行きたい」などのグルメリポーターや、NHK教育「ひとりでできるもん!どこでも クッキング」などの子供向け番組にも出演、料理教室、トークショーや講演では、既成の栄養学にとらわれない 熊八流食育を提案するなど、さらに活躍の場を広げている。 森野熊八、料理研究家ヤミー、料理研究家きじまりゅうた、料理家本田よう一による 【TOKYO料理部!】としてイベントを開催。【TOKYO料理部】としてレシピ単行本 「この一冊があれば!毎日おいしい野菜のおかず500」を2016年6月発売。 また、森野熊八が手がける初の食育絵本 『みなみのしまのカウカウ カイじいさんとおおきなさかな』を2016年7月に発売した。 ★LFネット『森野熊八グルメタイム~日本全国うまい、うまい!~』(5局ネット)好評放送中!

「料理家」という働き方 Artist History