お野菜の旨味たっぷり♡白身魚の中華風とろーりあんかけ

15

2021.05.26

分類主菜

調理時間: 15分

ID 413448

♪♪maron♪♪(青木ゆかり

育児の合間に♡身近な材料を使って作る愛情たっぷりご飯レシピ

カリッと香ばしく揚げ焼きした白身魚の上にたっぷりお野菜のあんかけをかけました。
お魚だけどボリューム満点のレシピです。

たらの選び方は張りがある・みずみずしい・皮と身の間の赤みが少ない・身が透き通るように白いことがポイントです。
たらはたんぱく質・ビタミンD・ビタミンB12・ヨウ素・葉酸・DHAを含んでいます。
たらに含まれるビタミンDは脂溶性ビタミンなので油と一緒に摂取すると吸収されやすくなります。
フライやムニエルは味・栄養の両方の面でオススメの調理法になります。

    材料

    2人分
    たら 2切れ
    【下味】  
    A
    酒・醤油 各小さじ2
    【衣】  
    B
    片栗粉・小麦粉(薄力粉) 各大さじ1
    揚げ油 フライパン1cm程度
    【あんかけ】  
    なす 1/8本
    にんじん 1/8本
    ピーマン 1/4個
    玉ねぎ 1/8玉
    しめじ 1/8株
    C
    200ml
    C
    酒.みりん 各大さじ2
    C
    鶏ガラスープの素(顆粒).オイスターソース 各小さじ1
    C
    しょうがチューブ 2cm
    D
    片栗粉 大さじ1
    D
    大さじ2
    塩コショウ 各少々

    作り方

    ポイント

    ☆たら以外にも鯛などお好きな白身魚で作って下さい。
    1. ◎たらはキッチンペーパーで水気を拭き取る。
      ◎なす.にんじん.ピーマン.玉ねぎは千切りにし、しめじは小房に分ける。
      ◎【衣】B

      片栗粉・小麦粉(薄力粉) 各大さじ1

      の粉はポリ袋に入れ軽く振る。
      ◎【あんかけ】C

      水 200ml、酒.みりん 各大さじ2、鶏ガラスープの素(顆粒).オイスターソース 各小さじ1、しょうがチューブ 2cm

      の調味料を合わせる。
      D

      片栗粉 大さじ1、水 大さじ2

      の水溶き片栗粉を溶く。
    2. たらはポリ袋に【下味】A

      酒・醤油 各小さじ2

      の調味料と一緒に入れて軽く揉み、冷蔵庫で10分休ませる。
    3. 工程2のタラの水気を軽くキッチンペーパーで拭き取り、【衣】B

      片栗粉・小麦粉(薄力粉) 各大さじ1

      の粉を入れたポリ袋に入れて振り全体に均一にまぶす。
    4. フライパンに1cm程度揚げ油を入れて全体がカリッときつね色になるまで中火で加熱したら取り出す。
    5. 【あんかけ】フライパンの油を取り除き、なす.にんじん.ピーマン.玉ねぎ.しめじを中火(鍋底に火の先が当たらないくらいの火加減)で炒める。
    6. 全体に火が通ったら、C

      水 200ml、酒.みりん 各大さじ2、鶏ガラスープの素(顆粒).オイスターソース 各小さじ1、しょうがチューブ 2cm

      の調味料を加えてひとにたちさせてからD

      片栗粉 大さじ1、水 大さじ2

      の水溶き片栗粉をよく混ぜながら加えてとろみをつけ塩コショウする。
      工程3の白身魚の上に工程4のお野菜あんかけをかける。
    1 90

    コメント・感想 Comment

    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「あんかけ 」に関するレシピmore

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。