レシピサイトNadia

    温玉のせパンサラダと塩麹ドレッシング

    副菜

    温玉のせパンサラダと塩麹ドレッシング

    お気に入り

    35

    • 投稿日2022/11/20

    • 調理時間15

    カシューナッツと玉ねぎ、調味料をブレンダーやミキサーで攪拌するだけの簡単ドレッシングですが野菜が美味しく食べれます。 よくあるパンサラダに温泉卵をのせて視覚でも美味しく感じられるサラダです。 ナッツのコクと甘み、塩麹の旨味が子どもたちの苦手な玉ねぎの味を美味しくまとめくれます。 葉野菜だけでなく、蒸し野菜にもおすすめです。

    材料作りやすい分量

    • キャベツ
      100g
    • にんじん
      100g
    • 水菜
      100g
    • かぼちゃ
      100g
    • 玉ねぎ
      50g
    • サニーレタス
      3枚
    • スイートコーン(形状ホール)
      1缶(固形量75g)
    • 温泉卵
      1個(市販のもの)
    • 食パン
      6枚切り 1枚
    • ローストカシューナッツ
      30g(無塩タイプ)
    • 粗塩
      ひとつまみ
    • A
      市販の塩麹
      大さじ 1(ペースト状のもの)
    • A
      米酢
      大さじ 2
    • A
      サラダ油
      大さじ 2
    • B
      粉チーズ
      小さじ 2
    • B
      サラダ油
      小さじ 2
    • 粉チーズ
      適量

    作り方

    ポイント

    ・野菜は冷たい水に放しパッリッとさせ、しっかり水気をきることです。 ・かぼちゃは薄くきることで火の入りが早く時短になります。 ・レシピでは野菜の分量を記載していますが、野菜の量はお好みでかまいません。お好みの野菜をお使いください。 ・粉チーズを使っていますが、パルメザンチーズをすりおろして使われると風味が増しておいしいですよ。 ・レシピでは、子どもたちが食べやすいように食パンを使っていますが、フランスパンを1㎝幅の半月切りに変えると華やかになりま す。 【ドレッシングの保存目安】  作った日を入れて2日

    • ・スイートコーン(形状ホール)は、ざるにあけて漬け汁をきる。 ・玉ねぎはざく切りにする。

      工程写真
    • 1

      ・キャベツは千切りにする。 ・にんじんは皮をむき細切りにする。 ・水菜は3㎝くらいの長さに切る。 ・サニーレタスは手で一口大の大きさにちぎる。

    • 2

      ・ボウルに冷たい水を入れキャベツ、にんじん、水菜、サニーレタスを放ちパリッとさせ水をしっかり切る。

    • 3

      かぼちゃのワタと種を取り、縦にして2ミリぐらいの厚さに薄切りにする。

      工程写真
    • 4

      ・フライパンにサラダ油を小さじ1(分量外)を入れ火にかけ熱しかぼちゃをこんがり両面焼く。

      工程写真
    • 5

      ・食パンを1㎝角に切る。 ・ボウルにB 粉チーズ小さじ 2、サラダ油小さじ 2と食パンを入れよく混ぜてオーブン用シートに重ならないように広げオーブントースターで180度で3分程こんがり焼く。

      工程写真
    • 6

      【ドレッシングを作る】 ・A 市販の塩麹大さじ 1、米酢大さじ 2、サラダ油大さじ 2と玉ねぎをブレンダーまたはミキサーに入れてなめらかになるまで攪拌する。 ・ローストカシューナッツを分量の3分の1程度入れて撹拌し、とろみの状態を見て少しずつカシューナッツを加えとろみをつけていく。 ・好みのとろみになったら味をみて粗塩で味を調える。

      工程写真
    • 7

      ・器にキャベツ、にんじん、水菜、サニーレタス、スイートコーン、かぼちゃ、食パンを盛りつけ、中央をくぼませて温泉卵をのせる。 ・最後に粉チーズを好みの量をふり、ドレシングをかけ全体を混ぜていただく。

    レシピID

    448765

    「水菜」の基礎

    「かぼちゃ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    サラダ」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    森口 ゆり子
    Artist

    森口 ゆり子

    フードコーディネーター/料理家 夫、小学生の息子2人の4人家族。 食べ継がれてきた家庭料理を基本に、食養生の考えを取り入れ、旬の食材や農産物を使った体にやさしく作りやすいレシピを心がけています。 【資格】 FCAJ認定フードコーディネーター3級 食生活アドバイザー 発酵食品ソムリエ

    「料理家」という働き方 Artist History