注目ワード鍋料理にら×卵ローストビーフクリスマスなす×ひき肉

Nadia Artistのレシピ数:60,756レシピ

2014.11.21

4つの「こしょく」と日々のごはん。*はじまり

キーワード
食育 塩おむすび ごはん 子供 大人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

こんにちは。ちょりママこと西山京子です。
Nadiaさんでコラムを書かせていただくことになりました!
2週目、4週目に更新させていただく予定です。
飲み物片手に、リラックスしながら読んでいただけると嬉しいです。

何を書かせていただくかというと・・・
タイミングよく資格を持ち合わせている「食育」です。(笑)
食育という言葉があらゆるところで聞くようになったのもここ数年ではないかと思います。
実は欧米では1960年代ごろからすでに推進されていたのです。


漢字の意味から推測すると「食を育てる」。大人が子どもにすべきこと。
ところがふたを開けてみると、大人が子どもに向けてすることばかりではないのです。
むしろ子どもによって大人が学んでいるといっても過言ではないことばかり。

食育の定義はとても範囲が広く、一つずつ追っていくと追いきれいなほどの事柄があります。
子どもに向けた言葉ではなく、むしろ子どもも大人も同じようにすべきことなのです。

学校や幼稚園などでは食育活動が盛んに行われてます。
気づけば大人のほうが置いてきぼりになっているということに。
確か、大人が子どもに向けてすべきことではなかったかしら・・・と思うのです。

実際私も食育を学んでいく中で、今ある生活からできることのほうがたくさんあって、
それは毎日していることであって、最も実践しやすい場所にあるということがわかりました。

子どもと大人だけではなく、子ども同士も、大人同士も、子どもだけでも、大人だけでも。
感じて実践できること、そしてそれには必ず相手が必要なのだと思うです。
一人ではできないことがたくさんあって、共に感じ、共に食し、それは大きなチカラや大きなシフクとなる。
ごはんは毎日のこと。その日々のごはんが一番実感しやすいかもしれない。


まずは、子どもでも大人でも。
「塩おむすび」をむすんでみませんか?
塩だけでむすぶ「塩おむすび」の美味しさは、
素材の美味しさだけではなく、ぬくもりや楽しさから美味しくなるものなのだと。

「4つのこしょく」とは何なのか。
次の更新から日々のごはんと少しずつ箸で(笑)つなげてお話していきますね。

今日もありがとう♪

キーワード
食育 塩おむすび ごはん 子供 大人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加

おすすめコラム

関連コラム

タイムライン

ページの先頭へ