レシピサイトNadia

    こいのぼりロールケーキ

    デザート

    こいのぼりロールケーキ

    お気に入り

    41

    • 投稿日2014/05/06

    • 更新日2014/05/06

    • 調理時間20

    ロールケーキ生地にこいのぼりの模様を描いたロールケーキです。 しっとりふわふわの生地となめらかなっホイップクリームが絶品です♪

    材料26×26cm天板1枚

    • 卵(M)
      4個
    • 薄力粉
      60g
    • グラニュー糖
      60g
    • A)牛乳
      30g
    • A)油
      30g
    • B)抹茶
      3g
    • B)湯
      10g
    • ホイップクリーム
      200ml
    • (生クリーム・グラニュー糖)
      (200ml・25g)
    • いちご
      適宜

    作り方

    ポイント

    *卵は殻つき64gくらいがオススメです。 *ハンドミキサーはすべて「低速」。きめが細かく仕上がります。 *Aにバニラエッセンスを2~3滴入れると風味がアップします。 *ホイップクリームにキルシュを少々入れるとさらに美味しくなります。

    • 1

      天板に油(分量外)を薄く塗り、敷き紙をひく。 卵はボウルに卵黄と卵白に分け、卵黄は室温に、卵白は冷やす。 薄力粉はふるいに1回かける。 Aを混ぜ合わせ、湯せんにかけておく。 Bを溶き混ぜる。 オーブンを180℃に予熱する。

      工程写真
    • 2

      卵白のボウルにグラニュー糖ひとつまみ入れ、ハンドミキサーで泡立てる。七割程度まで泡立ったら、グラニュー糖を半量加え、角が立つまで泡立てる。

      工程写真
    • 3

      卵黄のボウルに残りのグラニュー糖を入れ、ハンドミキサーで白っぽくもったりするまで泡立てる。 卵黄のボウルに泡立てた卵白を1/3ずつ入れ、都度底から掬い上げるように混ぜる。

      工程写真
    • 4

      薄力粉をふるいながら入れ、底から掬い上げるように混ぜる。

      工程写真
    • 5

      Aをゴムべらに添わせながら入れ、同様に照りが出るまで底から掬い上げるように混ぜる。

      工程写真
    • 6

      生地を1/3残し、2/3は天板に流し入れて平らにする。

      工程写真
    • 7

      残した1/3の生地にBを少量入れて混ぜ合わせ、1/3の生地に入れて底から掬い上げるように混ぜる。

      工程写真
    • 8

      【6】の流し入れてプレーンの生地に、【7】の抹茶の生地を縦3~4本(ウロコ部分)、半分よりも上目に(目玉部分)をスプーンで落とし入れる。

      工程写真
    • 9

      菜ばしで尾の方から横に6~7回、一気に線を引く。 ※菜箸についた生地は一回ごとにペーパーでふき取ります。

      工程写真
    • 10

      2~3回天板を台に置いて空気を抜く。 180℃のオーブンで13~15分焼く。

      工程写真
    • 11

      敷き紙ごと移動させ、側面のシートをはがして冷ます。 冷めたら表面にラップをして、ゆっくりとはがす

      工程写真
    • 12

      目の部分を上にして裏返して生地の手前を斜めに切り落とし、手前に3本程度横に切り込みを入れる。 ホイップクリームを塗り、いちごを並べる。 クッキングシートをすべらせるように、内側に押し込みながら空気が入らないように巻く。冷やしてからいただく。

      工程写真
    • 13

      【ホイップクリーム】 冷やしておいたボウルに生クリーム、グラニュー糖を入れ、9分立てに泡立てる。(又は氷水にあてながら泡立てる)

    レシピID

    115223

    「生クリーム」の基礎

    「ロールケーキ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「ロールケーキ」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    西山京子/ちょりママ
    Artist

    西山京子/ちょりママ

    料理家。 〔調理師・フードコーディネーター・食生活アドバイザー・食育アドバイザー〕 「子どもも大人も一緒のごはん」をテーマにレシピを考案しています。忙しい主婦に、そして働く方たちに、簡単、節約、美味しい、体に優しいレシピを♪どこのおうちにもある材料で作れるメニューがいっぱいです。食育は日々のごはんから、食卓から。このページから伝えられますように。

    「料理家」という働き方 Artist History