レシピサイトNadia
    副菜

    ササミときゅうりのチョジャン(コチュジャン酢味噌)和え

    • 投稿日2023/08/06

    • 更新日2023/08/06

    • 調理時間10(粗熱取れるまでの時間は除く。)

    余熱で火を通したしっとりささみときゅうりをピリ辛コチュジャン酢味噌で和えました♪おつまみに最高です^^ 薬膳効果 ☆鶏肉…食欲不振、虚弱体質に、疲れやすい人に、美肌に ☆きゅうり...体の余分な熱をとる。喉の渇きに、浮腫みに、高血圧に ☆にんにく...腫れものの改善に、風邪予防に、解毒に、疲労回復に、脳の活性に、動脈硬化予防に、血糖値の改善に ☆味噌...腰やお腹の冷えに、二日酔いに、コレステロールの抑制と排泄、抗酸化作用、がん予防、脂肪肝予防、高血圧に ☆白ごま…肺や皮膚の乾燥に、便秘に ☆唐辛子…冷えからくる肩凝り関節痛に、殺菌効果、血の巡りを改善。冷えに、肩こりに

    材料4人分2人分の分量はポイント欄に記載しています。

    • 鶏ささみ
      4本・約250g
    • 砂糖(ささみ用)
      小さじ2
    • A
      1000㏄
    • A
      大さじ1
    • A
      小さじ2
    • きゅうり
      2本・正味260g
    • 塩・砂糖(きゅうり用)
      各小さじ1/2
    • B
      味噌・コチュジャン・酢・砂糖・白いりごま
      各大さじ1
    • B
      ごま油
      小さじ2

    作り方

    ポイント

    【2人分の場合】 鶏ささみ:2本・約125g 砂糖(ささみ用):小さじ1 (A)水:600㏄ (A)酒:小さじ2 (A)塩:小さじ1強 きゅうり:1本・正味130g 塩・砂糖(きゅうり用):各小さじ1/4 (B)味噌・コチュジャン・酢・砂糖・白いりごま:各大さじ1/2 (B)ごま油:小さじ1

    • 鶏ささみは砂糖(ささみ用)を揉み込む。

    • 1

      鍋にA 水1000㏄、酒大さじ1、塩小さじ2を入れて強火にかけ、沸騰したらササミを入れて火を止め、そのまま粗熱を取る。

      工程写真
    • 2

      その間にきゅうりは縦半分に切ってから斜め薄切りにして塩・砂糖(きゅうり用)を揉み込みそのまま10分置いたら更に揉んでからギューッと水気を絞る。

      工程写真
    • 3

      ボウルにB 味噌・コチュジャン・酢・砂糖・白いりごま各大さじ1、ごま油小さじ2をまぜ、きゅうりと、粗熱が取れたササミを裂いて入れ、良く和えたら出来上がり! 器に盛りお好みで白いりごまを振る。

      工程写真
    レシピID

    465928

    質問

    作ってみた!

    こんな「和え物」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「ささみ」の基礎

    「きゅうり」の基礎

    「鶏肉」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    松山絵美
    • Artist

    松山絵美

    料理家

    • ワインソムリエ
    • チーズコーディネーター
    • フードオーガナイザー
    • 薬膳漢方マイスター
    • 唎酒師

    9歳から14歳までの4児の母。 韓国ルーツを持つ夫との結婚をきっかけに韓国料理のレシピを学び、薬膳効果も期待できるヘルシーな韓国ごはんが得意。 また、子供受け抜群の家庭料理や時短節約料理、特別な日のおもてなし料理など、日々の料理を提案。 著書 『4児ママ・松山さんの薬膳効果つきやみつき節約めし』(主婦の友社) 『松山絵美のカンタンなことしかやらないレシピ』(ワン・パブリッシング) 『家族がよろこぶ! 松山絵美のBESTおかず500品』(ワンパブリッシング)  『松山絵美の体にやさしく本格派! 韓国ごはん』(宝島社)

    「料理家」という働き方 Artist History