レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

作り置きにも◎ひき肉で簡単!タイの味『Larb(ラーブ)』

主菜

作り置きにも◎ひき肉で簡単!タイの味『Larb(ラーブ)』
  • 投稿日2022/04/26

  • 調理時間15

タイ料理のレストランに行くと必ず頼んでしまう1品。暑い日や、梅雨のジメジメとした時期などにおススメ。ミントの香りと、ライムの酸味がとてもさわやか。野菜もいっぱい食べられる&肉料理なので満足感高め! このひき肉は作り置きしておくと便利。 ご飯に乗せて丼にしたり、うどんやそうめんの具にするとエスニック風になって美味しいです。 レシピは豚ひき肉を使用していますが、牛肉、鶏肉などお好みのひき肉を使って作ってみてくださいね。

材料4人分

  • 豚ひき肉
    550~600g(牛、鶏、豚などお好みのひき肉でOK)
  • A
    玉ねぎ
    正味130g
  • A
    おろししょうが
    小さじ1
  • A
    乾燥唐辛子
    少々(辛味が苦手な場合は入れなくてもOK.生の唐辛子、一味や鷹の爪などお好みの物で代用可。)
  • B
    ナンプラー
    大さじ2
  • B
    スペアミントの葉
    10g(大葉、バジルで代用可)
  • B
    ライム汁
    大さじ1
  • B
    ブラックペッパー
    小さじ1/4
  • 少々
  • 青ネギ
    適量
  • C
    ミント、パクチー、ライム(くし切り)
    適量
  • C
    にんじん、きゅうり、レタス、紫キャベツ
    適量

作り方

ポイント

◆ひき肉は脂の多い場合はザルで一度濾すと食べやすくなります。脂が少ない鶏のひき肉などは濾さなくても大丈夫です。 ◆ミントが苦手だったり、手に入らない場合はバジルや大葉などお好みのハーブを使ってもOkですがスペアミントを使うと本格的な風味になるので、お試しくださいね。

  • ◆玉ねぎは薄くスライスしておく。 ◆しょうがはおろしておく。(チューブのおろししょうがを使うと楽です) ◆ミントは茎を取り除き、粗く刻んでおく。

  • 1

    フライパンを中火で熱し、豚ひき肉を入れて炒める。

    工程写真
  • 2

    全体に火が通ったら、余分な脂を取り除くために一度ざるで濾す。

    工程写真
  • 3

    豚ひき肉をフライパンに戻し入れて、A 玉ねぎ正味130g、おろししょうが小さじ1、乾燥唐辛子少々を入れてさっと炒める。

    工程写真
  • 4

    玉ねぎに軽く火が通ったら火を止めて、B ナンプラー大さじ2、スペアミントの葉10g、ライム汁大さじ1、ブラックペッパー小さじ1/4を入れて味と香りをつける。

    工程写真
  • 5

    味を見て必要であれば塩を入れて調整する。

    工程写真
  • 6

    お好みで青ネギを飾る。 この状態で作り置きをして、冷蔵庫に保存できます。 食べる前に温めてください。 保存は5日程度が目安。 ご飯にのせて丼にしたり、冷凍うどんを温めてこのひき肉を絡めても美味しいです。

    工程写真
  • 7

    お好みの野菜やハーブなどと一緒に巻きます。 今回はC ミント、パクチー、ライム(くし切り)適量、にんじん、きゅうり、レタス、紫キャベツ適量を添えました。

    工程写真
  • 8

    ひき肉と野菜をレタスにくるっと巻いていただきます

    工程写真
  • 9

    ごはんにひき肉と野菜をのせて丼スタイル

    工程写真
  • 10

    冷凍うどんを温めて、まぜそば風にしても美味しいです

    工程写真
レシピID

436161

「豚肉」の基礎

「レタス」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

EwaYuri(エバユリ)
Artist

EwaYuri(エバユリ)

◆大切な人と囲む美味しい楽しい食卓の思い出が心の栄養になる◆ ◆美味しいご飯と笑顔は言葉や文化の壁を超える万国共通語◆ 小さい頃、家族で囲む食卓が大好きでした。 母の作る美味しいご飯、お気に入りのレストラン。 家族で囲む食卓は体の栄養になるとともに、心の栄養になると思います。 私にとって家族や友達、大切な仲間と囲む食卓の美味しい楽しい思い出は大きな財産です。家族で囲む食卓が、いつか子供たちの心の財産になれと願い、日々の食事を作ってます。 生まれも育ちも日本・東京の私ですが、英語がワカラナイのにニホンゴワカリマセンなアメリカ人の夫と結婚を機にアメリカ移住。現在アメリカ、ハワイ在住19年になります。言葉が通じないのに一体どうやって結婚したんだ?と気になる方も多いかと思います(笑) 詳しくは↓に綴ってます。 《英語ワカリマセンな私がニホンゴワカリマセンのアメリカ人と超スピード婚した話 https://note.com/ewayuri/n/n977675ff4a20 右も左も英語もわからないアメリカでの生活でしたが、言葉の壁も、文化の壁も、そして何より言葉も通じないのに超スピード婚してしまった夫の事も、食いしん坊な私は”料理”を通して楽しく、そして美味しく知ることができたと思います。移民が多い国アメリカ。そしてハワイという土地柄、色々な国の人やお料理に出会います。その暮らしの中で出会った美味しい味を、家庭でも作れるような簡単なレシピを発信しています。 料理を通して多くの方々とのご縁が繋がっていければと思います。 レシピの事、アメリカやハワイの事、気になる事などありましたらお気軽にコメントなどいただければ嬉しいです! どうぞよろしくお願いします。                  EwaYuri(エバユリ)

「料理家」という働き方 Artist History