レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

<BRUNO>鶏肉のロールキャベツ〜トマトクリーム煮込み〜

主菜

<BRUNO>鶏肉のロールキャベツ〜トマトクリーム煮込み〜
  • 投稿日2019/04/25

  • 調理時間45

鶏ひき肉で作るロールキャベツは食べ足りなく感じる人も多いかも?その分、隠し味に加えたバターとソースに生クリームでコクをプラスしたトマトクリーム煮込みは子供から大人まで男女問わず、満足できるひと品。ブルーノオーバルホットプレートの鍋は直火調理ができるのも魅力のひとつ!品良くひとり分ずつ盛り付けるイメージの強いロールキャベツをど〜んとテーブルの上で温めながら「セルフでどうぞ♪」とできるのは、家族だけではなく大勢が集まる時にもいいですよね。メインで食べるのは5人分。たくさんのおかずを並べてパーティーには10人分です。鶏ひき肉は、豚・牛問わず同じ分量で変えても作れます。その時々の気分に合わせてどうぞ♪

材料5人分

  • 鶏もも挽き肉
    400g
  • 玉ねぎ(肉種用)
    1/4個
  • 玉ねぎ(煮込み用)
    1/2個
  • 1個
  • キャベツ
    10枚
  • にんじん
    1/2本
  • じゃがいも
    250g
  • にんにく
    1片
  • A
    パン粉
    大さじ3
  • A
    牛乳または豆乳
    大さじ2
  • B
    小さじ1/2
  • B
    コショー・パプリカパウダー・ナツメグ
    各3振り
  • B
    バター
    15g
  • C
    トマトペースト
    380g
  • C
    トマトジュース(無塩)
    550ml
  • C
    砂糖
    大さじ1
  • C
    顆粒コンソメ
    小さじ1
  • 生クリーム
    50〜60ml

作り方

ポイント

※じゃがいもは、隙間埋めの要素もあるので分量を加減して入れてください。 ※キャベツ茹でるのは1分弱程度です。 ※今回のレシピではキャベツの巻き終わりは止めていませんが、不安な場合は、巻き終わりを折ったパスタや爪楊枝で止めてください。(パスタの場合→できあがった後そのままロールキャベツと一緒に食べることができます。/爪楊枝の場合→食べるときに外してください。) ※ロールキャベツを鍋に入れるときは巻き終わりを下にして入れてください。 ※じゃがいもは、隙間を埋めるように入れてください。こうする事で煮ている間にロールキャベツが崩れなくなります。 ※オーバルプレートの鍋は直火可能です。ガスコンロを使用しています。

  • A パン粉大さじ3、牛乳または豆乳大さじ2を合わせてなじませておく。

  • 1

    鶏もも挽き肉にみじん切りにした玉ねぎ(肉種用)・卵・A パン粉大さじ3、牛乳または豆乳大さじ2B 塩小さじ1/2、コショー・パプリカパウダー・ナツメグ各3振り、バター15gを入れ混ぜ合わせ肉種を作る。

    工程写真
  • 2

    キャベツは一枚ずつ剥がし、芯の硬い部分(写真右手)を削ぎ落としておく。

    工程写真
  • 3

    フライパンの湯を沸かし、(2)のキャベツを芯から入れてサッと湯通しザルにあげて水気と粗熱を取る。

    工程写真
  • 4

    一枚ずつ広げて芯→両サイド→葉先に向かってしっかりと巻いていく。巻き終わりを下にして置いておく。

    工程写真
  • 5

    玉ねぎ(煮込み用)は縦に薄切りに、にんじんは2〜3mm厚さの輪切りに、じゃがいもは小粒のものは皮をむいてそのまま、大きいものは小さい一口大に切る。にんにくは、皮をむいて芯を取り除きスライスする。

    工程写真
  • 6

    鍋に玉ねぎ(煮込み用)→にんじん→にんにく→ロールキャベツ→じゃがいもの順で並べていく。

    工程写真
  • 7

    6にC トマトペースト380g、トマトジュース(無塩)550ml、砂糖大さじ1、顆粒コンソメ小さじ1を入れ、蓋をしてじゃがいもに竹串を刺してスッと入るまで、中火で15〜20分煮る。

    工程写真
  • 8

    オーバルホットプレートに7をのせて生クリームを垂らし、フタをせずにMEDで10分煮る。

    工程写真
  • 9

    WARMに切り替えて温かい状態にする。お好みでイタリアンパセリを散らす。

    工程写真
  • 10

    お好みでイタリアンパセリを散らす。

    工程写真
レシピID

374683

「キャベツ」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ロールキャベツ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

奥山 まり
Artist

奥山 まり

身近な素材や調味料を使ってシンプルに、〝笑顔が見られるおうちご飯〟がモットー。 フードディレクターとして産地を巡り・新商品やリニューアル商品の開発・飲食店メニューの構築などに携わる中で、プロの現場の機材や調味料と家庭での調理の違いを肌に感じる日々。 「家庭だからこだわって作れるもの」「家庭だったらこう作るといいかも?」と、基本をおさえた【頑張りすぎないシンプルな家庭料理】とひとり暮らしを始めた娘に送る【ひとり暮らしでも作りやすい簡単レシピ】がメインです。 乳がんサバイバー2年生。 毎日がんばり過ぎるよりも、純粋に「おいしい♪」が聞ける食卓が広まりますように。 料理初心者さんからのご質問大歓迎です☆ instagram@mari.everydayoliveにて 「 #ひとり暮らしを始める君に 」を発信中です。 ーーーーーーーーーーーーー ・北海道フードマイスター ・一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会認定オリーブオイルソムリエ ・NHK文化センター札幌教室オリーブオイル講座講師(〜2018) ・『婦人画報』『週刊文春』にて掲載。 ・『NUMERO TOKYO』にて料理家のフードコーディネーターとして掲載。 ・北海道内各局他ラジオ、出演歴あり。 ・フードコンサルタント(商品開発・海外向け商品撮影ほか) ・店舗・企業様レシピ、キッチン用品アドバイザー・webライター

「料理家」という働き方 Artist History