冷めてもおいしい里芋の煮っころがし(常備菜)

20

2019.12.17

分類副菜

調理時間: 20分(※乾燥時間省く。)

ID 383784

MARI(奥山 まり)

基本を大事に♪【ちょっぴり手抜きと愛情たっぷりごはん♪】

小さな頃から大好きな料理のひとつ。艶やかな濃いめの色合いと、ほどよい素朴な風味も残して仕上げるのが我が家に伝わるおいしい煮っころがしの重要ポイント!昔ながらのおふくろの味を、自分で作って両親にどうぞとお裾分けも喜ばれるはず。下ゆでせずに仕上げた食感を味わえるのは、旬ならでは。ぜひ、お試しください♪

    材料4人分
    里芋 580g(※皮を取り除いて450g前後)
    A
    小さじ1
    A
    適量
    B
    醤油 40ml
    B
    40ml
    B
    砂糖 大さじ3
    C
    顆粒だし 小さじ1/2
    C
    200ml
    本みりん 20ml
    作り方
    Point!
    ■里芋を選ぶときは、土が乾ききっていないものが鮮度の良い証拠です。
    ■里芋の大きさによって火の通りにムラができないように、小さいものに合わせて切っておきます。
    ■初めに調味料のみでしっかりと煮詰めることで旨味を吸い、里芋がコーティングされ煮崩れを防いでくれます。
    ■落し蓋は、アルミホイルやオーブンペーパーでも代用できます。
    ■冷蔵保存で3〜4日です。
    1. ■たっぷりの水で里芋の土をこするようにして洗い、キッチンペーパーで水気をしっかりと拭きザルにあげて3〜4時間しっかりと乾燥させます。乾燥させることで皮をむく時にぬめりが出ず扱いやすくなります。
    2. ボウルにA

      塩 小さじ1、水 適量

      を合わせて塩水を用意し、皮がしっかりと乾いたら初めに里芋の上下を切り落とし、全体に皮をむき塩水にさらします。
    3. ぬめりの出た塩水を流し、一度水で洗ってザルに上げ水気を切ります。
    4. 水気を切った里芋とB

      醤油 40ml、酒 40ml、砂糖 大さじ3

      を鍋に入れ中火にかけます。
    5. 調味料が煮立ってきたら、弱めの中火にして蜂蜜程度の硬さの煮汁(焦げる手前まで)になるまで、途中鍋を揺すって全体に絡めながら煮詰めていきます。
    6. 4に、C

      顆粒だし 小さじ1/2、水 200ml

      を入れ、落し蓋をして弱火〜弱めの中火で10分前後煮ます。
    7. 竹串がスッと刺さるまで煮ていきます。
    8. 仕上げに本みりんを回しかけて中火で1〜2分里芋を転がしながら煮てできあがりです。
    20 607
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「里芋 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額250円(税抜)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。