レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

甘さ控えめ☆手づくり白餡!【圧力鍋】

デザート

甘さ控えめ☆手づくり白餡!【圧力鍋】
  • 投稿日2017/11/04

  • 調理時間60

白餡作りは面倒くさい? いえいえ、抜ける手間と時間を文明任せで楽ちん滑らか♡ アレンジ餡や練り切りにもどうぞ。甘さは控えめです。 やっぱ手づくりは最高(^^) 白餡が好きですが、スーパーではなかなか売ってません。 白餡作りに向いてる手亡豆も滅多に売ってません。 でも大福豆や白花豆はスーパーでも比較的手に入りやすい為、これを使って簡単に手作りしました。

材料約330g分

  • 白いんげん豆(白花豆・大福豆・手亡豆)
    150g
  • 450㏄(豆の3倍)
  • 砂糖
    75g(豆に対して50%
  • ひとつまみ
  • 重曹
    小さじ1弱

作り方

ポイント

◆豆の大きさは白花豆>大福豆>手亡豆となります。今回は2㎝程度の大粒の大福豆を使用し、加熱時間の目安にしました。豆の大きで加減してください。 ◆豆の量が変わっても手順は同じです。 ◆甘さ控えめです。好みで調整を。 ◆数日で食べきるなら冷蔵保存。食べきれない分は小分けにラップで包んで冷凍できます。

  • ◆白いんげん豆をサッと洗い、たっぷりの水(分量外)に一晩浸して戻す。 ※8時間が目安。冬場の水温が低い時期は長めに。

    工程写真
  • 1

    【灰汁抜き】 鍋に豆と、豆を戻した水を入れる。重曹を加えて火に掛けて沸騰したら灰汁を取り、5分ほどゆでこぼす。

    工程写真
  • 2

    【掃除】 ザルに上げてたっぷりの水(分量外)に浸し、豆同士を擦るようにして優しく揉んで浮いた薄皮を取り除く。 ※取り切れない分は手動

    工程写真
  • 3

    ※面倒でなければ胚芽も取り除いてください。食感がより滑らかになります。

    工程写真
  • 4

    【炊く】 圧力鍋に豆と水を入れて火に掛け、圧が掛かったら弱火で20分加熱して火を止め、自然に圧が抜けるまで放置する。 ※皮が無いので落し蓋不要。 ※豆の形が崩れてドロッとした状態になります。 ※普通の鍋で炊く場合は差し水をしながら1時間程度コトコト煮て下さい。

    工程写真
  • 5

    【潰す】 ミキサーやフードプロセッサーで滑らかに撹拌する。 ※または裏ごしで。それが面倒ならマッシャーで潰して下さい。

    工程写真
  • 6

    【練る】 砂糖と塩を加え、絶えず木べらで混ぜながら煮詰め、好みの硬さの2歩手前で火からおろす。

    工程写真
  • 7

    私の目安はすくった餡が落ちた時、木べらに三角に残るくらい。 本レシピ量で中火・15分ほどです。 清潔な容器に移して乾燥防止のラップをし粗熱を取る。 出来上がり♪ ※鍋のまま置いておくと余熱で底の方が硬くなるので注意

    工程写真
  • 8

    【おまけ】 今回使用したのは大福豆。(おおふくまめ) ちょっとお高級。手に入るなら手亡豆がお手頃です。

    工程写真
レシピID

205712

「いんげん」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

和菓子」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

西井千里(ち~sun)
Artist

西井千里(ち~sun)

【兼業料理家/食生活アドバイザー】 都内で美容サロンを営み12年目を迎えた食いしん坊。 「優しく楽しく親切なレシピ」をモットーとします。 材料も調味料も手軽なものを使い合理的に整えるのが得意です。 簡単~本格的まで、古今東西の ”美味しい” をご提案。

「料理家」という働き方 Artist History