レシピサイトNadia
    副菜

    出汁が溢れる♪基本の【大根の煮物】

    • 投稿日2024/04/19

    • 更新日2024/04/19

    • 調理時間50

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安-

    • 冷蔵保存2~3

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    出汁がジュワっと溢れる【基本の大根の煮物】を作りました♪ 大根の食感もあり柔らかく、味が染みています。

    材料2人分

    • 大根
      1/3本(約400g)
    • A
      500cc
    • A
      みりん
      大さじ3
    • A
      砂糖
      大さじ1
    • A
      和風だし
      大さじ1/2
    • うす口醤油
      大さじ2と1/2

    作り方

    ポイント

    【大根の皮剥き】 ・大根の皮から5mm程の所に筋があるので、そこまで剥きましょう。 残った皮はお味噌汁に入れたり、きんぴらにすると良いですね♪ 十字に切り込みを入れることで、味の入りが良くなります。 【下茹でのポイント】 ・大根がしっかり泳ぐぐらいの、たっぷりの水で茹でます。 ・串を刺して少し固いぐらいまで茹でてください。 ・急ぐなら薄く切るか、イチョウ切りにして火の入りを早めましょう。 【冷まして味を入れる】 ・煮込んだ大根にスッと串が入ったら、火を止めてそのまま完全に冷ましましょう。 煮物は冷めていく工程で味が入ります。

    • 大根は2cmの輪切りにする。 5mm程の厚さに皮を剥く。 包丁かピーラーで面取りする。 片面に深さ5mmの切り込みを十字に入れる。 鍋に大根と、たっぷりの水を入れる(大根が泳ぐぐらい)。 火にかけ沸騰させ、10分下茹でする。 10分茹でたら流水に5分さらす。

      工程写真
    • 1

      鍋にA 水500cc、みりん大さじ3、砂糖大さじ1、和風だし大さじ1/2を入れ、混ぜる。 大根の水気をさっと切り、鍋に加える。 火にかけ沸騰したら、落とし蓋をして中火で15分煮る。

      工程写真
    • 2

      うす口醤油を加えて、再び落とし蓋をして10分煮る。

      工程写真
    • 3

      串がスッと入ったら火を止め、そのまま完全に冷まして味を入れる。

      工程写真
    • 4

      召し上がる際は大根を温め、器に盛り、絹さやなどを飾る。

      工程写真
    レシピID

    481639

    質問

    作ってみた!

    「煮もの」の基本レシピ・作り方

    こんな「煮もの」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「大根」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    しんすけ・かい夫婦
    • Artist

    しんすけ・かい夫婦

    【自己紹介】 初めまして! しんすけ・かい夫婦です♪ 和食料理人の夫が作る丁寧な和食を発信しています♪ 3姉妹を子育て中の5人家族です!(12歳、8歳、3歳) 【コンセプト】 \\ ひと手間は家族への愛情 // ・季節のお野菜・お魚レシピ ・家族へおもてなしする丁寧な和食 ・料理を格上げする下ごしらえ ひと手間かけたレシピを投稿しています♪ 【夫婦のこれまでと料理への想い】 私と夫は小学生の頃からの付き合いです。笑 夫は私の兄の友達で、よく一緒に遊んでいました。 いつの頃からか二人で遊ぶようになり、結婚しました。笑 夫は、料理をする父を見て育ちました。幼い頃から料理への興味があったようです。そして小学生のころ、「将太の寿司」という漫画を読み、影響を受けて和食の道へ進むことを決意したそうです。 それから調理科のある高校へ進学し、料理を学び、卒業と同時に調理師の免許を取得。 京都の有名和食割烹へ修行へ。 その後は地元へ戻り、妻と結婚。地元の和食割烹へ再就職。 料理長を務めました。 和食の道を15年経て退職し、現在は食と離れた仕事をしています。 転職をして時間ができたことで、毎日ご飯を作ってくれるようになりました。 これまで学んだ知識と技術を活かしてほしい。 もっとたくさんの人に届けたい。 その想いから、二人でInstagramで発信を始めました。 投稿開始から現在14.9万人の方にフォローしていただきました。 そしてもっともっとたくさんの方に届けるためにNadia Artistへ。 夫の料理を作ってくれた人、食べてくれた人が笑顔になってくれたら最高に嬉しいです。

    「料理家」という働き方 Artist History