贅沢なぷるるんマンゴープリン

15

2016.04.07

分類デザート

調理時間: 15分(冷やし固める時間は除く)

ID 137409

吉村ルネ

アンチエイジング/ダイエットの食事サプリレシピ

マンゴーの果物自体が贅沢ですが、マンゴープリンが食べたくなります。
少々手間がかかかりますが、カロリーが控えめで自家製ならではしか味わえないとっても美味しい夏のデザートです。

    材料5人分(約180ml×5)
    アップルマンゴー 正味350g
    レモン汁 50ml
    ゼラチン 大さじ2
    大さじ4
    400ml
    グラニュー糖 80g
    ココナッツミルク 100ml
    バニラアイスクリーム 100ml(またはエバミルク)
    ソース 工程(10)に記載
    作り方
    Point!
    マンゴーの果肉は粗く潰すことによってココナッツの風味とマンゴーの果肉が口の中で混ざり合って大変美味です。
    型がない場合はペットボトルを利用されると写真のように出来ます。
    1. アップルマンゴーを使用しています。
      国産は糖度が高く甘みが強くておすすめです。
      外国産のアップルマンゴーはメキシコ産が多く輸入されていて、こちらもでOKです。
    2. 粉ゼラチンは分量の水(大さじ4)でふやかして、冷蔵庫に入れておく。
    3. 鍋に水(400ml)、グラニュー糖を入れて中火にかける。
      グラニュー糖が完全に溶けたら火からおろし、ふやかしておいた(1)のゼラチンを加えて溶かして粗熱を取っておく。
    4. マンゴーの皮をむき、刀を種に沿って水平に入れ、実をカットする(ここで正味350g計る)。
      (※種のまわりが一番甘いので残さずきれいに実を取り、片手でぎゅっとつかんで種のまわりの汁もできるだけ絞ってください)
    5. ボウルに(3)のマンゴーの果肉、レモン汁を入れて、ホイッパーで粗く潰す。
    6. (2)のゼラチン液の粗熱が取れたら、バニラアイスクリームを入れて全体に混ぜる。
    7. 全体によく混ざったら、ボウルのを氷水にあてながらココナッツミルクを加え、とろみがつくまで木べらでゆっくりと混ぜながら7~8分混ぜる。
    8. (4)のマンゴーを加えて混ぜる。
    9. 型に入れて約2時間以上、冷蔵庫で冷やし固める。
      (写真の型は1リットルのペットボトルの底を切って使用しました)
    10. バニラアイスを溶かしたものや、ココナッツミルクにグラニュー糖を加えてソースを作ってプリンにかけて頂いて下さい。
    11. 写真にある、周りの飾りはぬるま湯でふやかしたクコの実とレーズン、小さく切ったマンゴーです。
      好みでカラータピオカで飾っても良いです。
    1 10
    コメント・感想 Comment
    このレシピの感想を伝える

    ログインして感想を伝えよう!

    つくメモ

    <つくメモって?>
    あなただけが閲覧できるメモです。他のユーザーに公開されることはありません。保存したメモはMyページから見ることができます。メモを入力せず☆マークのみ保存もできます。

    お気に入り度

    アプリでお気に入りを保存しよう!

    アプリなら、もっと便利にお気に入りレシピを管理できます!

    Nadia公式アプリをダウンロード

    このレシピをサイトに埋め込む

    「マンゴープリン 」に関するレシピ

    関連コラム article

    まずは3ヶ月無料でお試し!

    ※プレミアムサービスをご利用になるには、無料のNadia一般会員登録が必要です。
    ※プレミアムサービス無料期間は申し込み日から3ヶ月間で、いつでも解約できます。無料期間が終了すると月額450円(税込)が発生します。
    ※過去に無料キャンペーンをご利用になった方には適用されません。