レシピサイトNadia

    『豚団子ときのこのおかずスープ』栄養満点!具だくさん♬

    汁物

    『豚団子ときのこのおかずスープ』栄養満点!具だくさん♬

    お気に入り

    1493

    • 投稿日2017/10/01

    • 更新日2023/01/05

    • 調理時間25(下準備の時間は除く)

    寒い日にはホッと温まるような肉団子スープ。きのこもたっぷりと加えました^^ 肉団子やきのこから旨味が溶け出たスープは、ついつい飲み干してしまうほどの美味しさ♡ 具だくさんなので栄養も満点✨ 冬の朝ごはんのもおすすめです♬ ※2023.01 レシピを作りやすく改良しました^^

    材料3〜4人分

    • A
      豚ひき肉
      250g
    • A
      玉ねぎ(みじん切り)
      1/4個分
    • A
      生姜のすりおろし
      小さじ1/2
    • A
      1個
    • A
      大さじ1/2
    • A
      味噌、醤油
      各小さじ1
    • A
      小さじ1/3
    • A
      片栗粉
      小さじ2
    • 好みのきのこ
      180g
    • にんじん
      1/4本
    • 豆腐
      1丁
    • 700ml
    • B
      醤油
      大さじ1弱
    • B
      鶏がらスープの素(顆粒)
      小さじ1/2〜1
    • B
      小さじ1/2程
    • 長ねぎ(白い部分・小口切り)
      適量
    • 白ごま
      適量

    作り方

    ポイント

    ☑︎きのこは、えのきやしめじ、舞茸などお好みのものでOKです ◎たっぷり入れてくださいね^^ ☑︎豆腐は、絹ごしと木綿、お好みのものでOKです◎ ☑︎鶏がらスープの素は無添加でやさしい味わいのものを使用しています。肉団子やきのこから旨味が出るので、こちらはたくさん入れなくても良い味に出来上がるかと思います^^

    • ・ボウルにA 豚ひき肉250g、玉ねぎ(みじん切り)1/4個分、生姜のすりおろし小さじ1/2、卵1個、酒大さじ1/2、味噌、醤油各小さじ1、塩小さじ1/3、片栗粉小さじ2を入れてよく練り、肉だねを作る。 ・好みのきのこは食べやすい大きさに切る、またはほぐす。 ・にんじんは薄くいちょう切りにする。 ・豆腐は食べやすい大きさに切る。

      工程写真
    • 1

      鍋に水(700ml)とにんじんを入れて中火にかける。軽く煮立たったスープに、1の肉だねをスプーンで丸く整えて加える。

    • 2

      肉団子とにんじんに火が通ったら、きのこと豆腐を加える。ひと煮立ちさせたら、B 醤油大さじ1弱、鶏がらスープの素(顆粒)小さじ1/2〜1、塩小さじ1/2程で調味する。仕上げに長ねぎ(白い部分・小口切り)をのせ、白ごまをふる。

    レシピID

    196729

    「まいたけ」の基礎

    「きのこ」の基礎

    「しめじ」の基礎

    コメント

    送信

    関連キーワード

    関連カテゴリー

    「スープ」に関するレシピ

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    tomoko
    Artist

    tomoko

    Instagramやブログを中心にレシピを発信しています😊 野菜とお肉が大好き! 旬の野菜を中心に、お肉をバランスよく組み合わせた 栄養満点のレシピ作りが得意です♪ また、旬の野菜を活かした副菜や、 豆腐やきのこを使ったヘルシーな1品もご紹介しています。 家族に、色々な野菜をバランス良く・好き嫌いなく食べてほしいな♬ そんな気持ちで日々キッチンに立っています。 今日のごはん、なにつくろうかな? そんなときは、ぜひ私のレシピを覗いてみてください♪ 少しでもお役に立つことができたら嬉しいです🤗 *プロフィール 息子(8才)と娘(6才)の母。愛知県在住。 2014年からNadia artist として活動を始め、 『父の日の、スタミナ肉レシピコンテスト』にてグランプリ受賞、 monthly MVP で編集部賞受賞。 Naidaコラム執筆や企業のレシピ開発、レシピ本(Nadia magazine、なつかし洋食 あかぬけ中華 一生好きな町中華等)への掲載。 子育てをしながら、家族の「美味しい!」が詰まったレシピをInstagramやブログで公開中。

    「料理家」という働き方 Artist History