レシピサイトNadia
    主食

    ちらし寿司

    • 投稿日2024/02/29

    • 更新日2024/02/29

    • 調理時間60(お米の浸水時間をのぞく)

    ちゃんと作るとちゃんと美味しい。 海鮮がたっぷりのった豪華なちらし寿司も美味しいですが、素朴なちらし寿司はちらし寿司で美味しいです。家族が楽しみにしているので、毎年作ってます。「大地からの贈り物」を受け取っているかのようなちらし寿司です。

    材料4人分

    • 3合
    • A
      昆布
      (5㎝角)1枚
    • A
      大さじ1
    • B
      米酢
      70cc
    • B
      砂糖
      大さじ3
    • B
      小さじ2
    • 干ししいたけ
      12g
    • かんぴょう
      25g
    • ぬるま湯
      300cc
    • C
      しょうゆ
      大さじ1
    • C
      砂糖
      大さじ1
    • C
      大さじ1
    • ごぼう
      1/4本(70g)
    • にんじん
      4㎝(80g)
    • D
      だし汁
      50cc
    • D
      しょうゆ
      大さじ1
    • D
      大さじ1/2
    • D
      みりん
      大さじ1/2
    • 2個
    • 少々
    • サラダ油
      適量
    • さやえんどう
      15枚
    • 紅しょうが
      適量
    • きざみのり
      適量

    作り方

    ポイント

    2,3日前ぐらいから、あいた時間に少しずつ具を作ると楽です。

    • 1

      米は少なめの水加減にして30分おき、A 昆布(5㎝角)1枚、酒大さじ1を加えて炊く。

    • 2

      B 米酢70cc、砂糖大さじ3、塩小さじ2をボウルに入れて混ぜ、合わせ酢を作っておく。

    • 3

      干ししいたけはぬるま湯(300cc)で戻し(もどし汁はとっておく)、石づきをとり、薄切りにする。

    • 4

      かんぴょうは水洗いし、塩(分量外)でもんで、もう一度水洗いしたのち、5分ほどゆで、やわらかくなったら、水で洗ってしぼる。 食べやすいように細かく刻んでおく。

    • 5

      ③のもどし汁のうち、200ccとC しょうゆ大さじ1、砂糖大さじ1、酒大さじ1を鍋に入れ沸騰させ、③の干ししいたけと④のかんぴょうを煮汁がほとんどなくなるまで煮る。

    • 6

      にんじんは千切りにする。 ごぼうはささがきにして、水にさらす。

    • 7

      フライパンにサラダ油を熱し、にんじんと水気をきったごぼうを炒める。 しんなりしてきたらD だし汁50cc、しょうゆ大さじ1、酒大さじ1/2、みりん大さじ1/2を加え、煮汁がほとんどなくなるまで煮る。

    • 8

      卵は割りほぐし、塩少々(分量外)を加え混ぜ、薄焼き卵を焼き、細切りにする。

    • 9

      さやえんどうは筋を取り、塩ゆで(分量外)し、細切りにする。

    • 10

      ごはんが炊けたら、飯台に移し、②の合わせ酢を加えて、しゃもじで切るように混ぜる。

    • 11

      ➉に、⑤と⑦を加え混ぜ、お皿に盛り、きざみのり、錦糸卵、さやえんどう、紅しょうがを飾る。

    レシピID

    478186

    質問

    作ってみた!

    こんな「ちらし寿司」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「干し椎茸」の基礎

    「かんぴょう」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    森本英子(もりもん)
    • Artist

    森本英子(もりもん)

    ル・コルドン・ブルー料理ディプロム取得。 お料理が好きすぎて、家で家族のお料理を作るだけじゃもの足りなくて、いろいろな居酒屋さん、パブ等で仕込みのパートとかさせていただいていた時期もありました。 お料理のレシピを考えるのも大好きです。 ブログ、インスタグラム、YouTubeにレシピをあげるのも大好きです。 たくさんの企業様へのレシピ提供、アンバサダー、PR活動をさせていただいてます。 お料理をすることの楽しさ、食べることの喜びが伝わるようなレシピを目指してます。

    「料理家」という働き方 Artist History