レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

辛うまパスタ♪『たっぷり野菜とベーコンの彩りペペロンチーノ』

主食

辛うまパスタ♪『たっぷり野菜とベーコンの彩りペペロンチーノ』
  • 投稿日2022/09/08

  • 調理時間15

お気に入りに追加

121

ベーコンとたっぷりの野菜がおいしい彩りきれいなペペロンチーノです♪ ボリュームもあって野菜もたっぷりと食べれるのでおすすめです! 仕上げに、レモスコまたはバルスコをかけることで、物足りなさがなくなり、パンチのある味に仕上がります♪ レモンの酸味が好きな方はレモスコ、コク旨な辛さが好きな方はバルスコがおすすめです☆

材料2人分

  • スパゲッティ
    200g
  • A
    2L
  • A
    10g
  • ベーコン(ブロック)
    80g
  • トマト
    1/2玉(100g)
  • ブロッコリー(冷凍)
    80g
  • パプリカ(黄)
    1/2個(80g)
  • なす
    1/2本(80g)
  • オリーブオイル
    大さじ2
  • 鷹の爪
    少量
  • にんにく
    1かけ(10g)
  • 塩、こしょう
    適量
  • レモスコまたはバルスコ
    適量

作り方

ポイント

●弱火でじっくりとオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を熱し、おたま一杯分のゆで汁を加えたら強火で手早くかきまぜてください。乳化してとろみのあるソースになります。 ●スパゲッティのゆで時間を確認し、4の工程が終わるくらいにゆで上がるようにしておくのがおすすめです。 ●仕上げのレモスコまたはバルスコはお好みで好きな方をかけてお召し上がりください。 #ヤマトフーズタイアップ

  • 1

    ・ベーコン(ブロック)は8mm角ほどの拍子木切りにする。 ・トマトは4等分のくし切りにし、横半分に切る。 ・なすは8mm幅ほどの輪切りにする。 ・ブロッコリー(冷凍)は耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で2分加熱する。 ・パプリカ(黄)は種とワタを取り除き、半分の長さに切って1cm幅に切る。 ・にんにくはみじん切りにする。

    工程写真
  • 2

    鍋にA 水2L、塩10gを入れて沸騰させ、スパゲッティを袋の表記通りにゆでる。

    工程写真
  • 3

    スパゲッティをゆでている間に、フライパンにオリーブオイル(大さじ1/2)を中火で熱し、ベーコンとなすを入れて3分炒める。 パプリカを加えてさらに1分炒める。 トマトとブロッコリーを加え、30秒ほど軽く炒め合わせたらいったん別皿に取り出しておく。

    工程写真
  • 4

    同じフライパンに残りのオリーブオイル(大さじ1と1/2)とにんにく、鷹の爪を入れて弱火で熱し、4〜5分、焦げないようにじっくりと炒める。

    工程写真
  • 5

    2のスパゲッティがゆで上がれば、おたま一杯分のゆで汁(約100mlほど)を残して湯切りする。 おたま一杯分のゆで汁を4のフライパンに加え、強火で1分ほど、とろみがつくまでおたまで手早くかき混ぜる。 とろみがついてきたらスパゲッティを加えてよく馴染ませ、3の具材も加えて全体と合わせる。 仕上げに塩、こしょうをふる。

    工程写真
  • 6

    器に盛り、レモスコまたはバルスコをかけながらいただく。

    工程写真
レシピID

443292

「スパゲッティ」の基礎

「なす」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

関連カテゴリー

ペペロンチーノ」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

RINATY(りなてぃ)
Artist

RINATY(りなてぃ)

【著書】 ・「りなてぃの一週間3500円献立」  第8回レシピ本大賞準大賞受賞 ・「りなてぃの一週間3500円献立2」 ・新刊「りなてぃの30分で完成!簡単3品献立」 シリーズ累計85万部突破 (2022年7月現在) 【自己紹介】 1995年生まれ/生まれも育ちも福岡 美味しいもの食べるのも見つけるのも好き! 【調味料のこと】 砂糖は三温糖 使ってます♡ 【レシピ発信の想い】 料理でたくさんの幸せをお届けしたいなと思っております。毎日忙しい中家族の為にお料理を作ってらっしゃる方や大切な人の為においしいお料理を作ってあげたい方。そんな方々に、身近にある食材・どのご家庭にもある調味料で簡単に作れるレシピをお届けします。私のレシピはお洒落な味付けというよりは家庭的で親しみのある味付けのものが多い、簡単・時短・節約レシピです。作る方も食べる方も料理を通してどこか心温まる小さな幸せを感じていただけたら嬉しいです。おいしくできた幸せ、おいしいと喜んでもらえる幸せ、笑顔あふれる食卓の幸せ、お子様と一緒に調理を楽しむ幸せ、そんな心温まる小さな幸せたちを。

「料理家」という働き方 Artist History