レシピサイト Nadia | ナディア - プロの料理家のおいしいレシピ

鶏肉と夏野菜の揚げ浸し 生姜と白だしのさっぱり仕立て

主菜

鶏肉と夏野菜の揚げ浸し 生姜と白だしのさっぱり仕立て
  • 投稿日2022/05/01

  • 調理時間15

すりおろした生姜と白だしでさっぱり頂く夏野菜の揚げびたし。鶏肉もあれば1品でメインのおかずに。 揚げ焼きにすることで後片付けがラク、さらにちょっとした工夫で油っこくなりすぎずパクパク食べられます。おつまみにもおすすめです。

材料4人分

  • なす
    3本
  • アスパラガス
    5〜6本
  • れんこん
    1節
  • 鶏もも肉
    200g(鶏むね肉もOK)
  • A
    白だし
    1/4カップ(10倍濃縮)
  • A
    1/2カップ
  • A
    生姜のすりおろし
    1カケ分
  • 片栗粉
    適量
  • 適量

作り方

ポイント

・切ってすぐに調理するので、れんこんやなすを水にさらす手間を省けます。 ・なすは油を吸いやすいので、片栗粉をまぶしてから揚げ焼きにすることで油っこくなることを防ぎます! ・鶏もも肉は、通常の唐揚げより小さくすることで揚げ焼きでも生焼けを防ぎ、漬けたときの味染みを良くします。 ・鶏もも肉は胸肉でもOKです。野菜もお好みのもので作ってみてくださいね。 ・なすはへたの先端を切り落とし、がくをくるっとむくと無駄なく食べることができます。

  • バットにA 白だし1/4カップ、水1/2カップ、生姜のすりおろし1カケ分を合わせておく。

  • 1

    なすはへたを除いて半月切り、アスパラガスはポキッと折れるところで折って切りそろえ、下の方はピーラーで皮をむく。 れんこんは皮をむいて1センチの薄切り、鶏もも肉は唐揚げ用より小さめに、3センチ四方程度に切る。

  • 2

    なすと鶏もも肉に片栗粉をまぶす。 フライパンに1センチ程度の深さになるよう多めの油をしき、アスパラガス、れんこん、鶏もも肉、なすを具材ごとに順に揚げ焼きにしていく。

  • 3

    揚げ焼きにした具材は網をしいたバットの上で油を切ってから、A 白だし1/4カップ、水1/2カップ、生姜のすりおろし1カケ分のバットに熱いうちに漬けていく。 すぐ食べても美味しいですし、冷蔵庫で十分冷やしてから食べても美味しいです。

    工程写真
レシピID

436437

「鶏もも肉」の基礎

「なす」の基礎

コメント

送信

関連キーワード

揚げ浸し」に関するレシピ

関連コラム

人気急上昇中のレシピ

新着コラム

今週の人気キーワード

高橋 はるな
Artist

高橋 はるな

作りやすくて体に優しい、シンプルなおつまみごはん。オートミールやオイルを使ったヘルシーな手作りおやつが得意。 かつては大手航空会社の国際線ビジネスクラスのCAをしながら、世界各国の美味しいものを食べ歩き。そこで出会った様々な食文化やライフスタイルがレシピ作りにも生きています。 美味しいごはんとおやつを通して皆さまの健康と笑顔溢れる食卓と繋がれますように。 ▫️料理に関する資格▫️ ・東京會舘クッキングスクール特選コースディプロマ ・フードコーディネーター ・現在ワインエキスパートの勉強中 ▫️受賞▫️ ・白百合醸造 ロリアンマリアージュコンテスト「 優秀賞」

「料理家」という働き方 Artist History