レシピサイトNadia
    副菜

    【れんこんポテト】おだし香るポテサラをレンコンでサンド!

    • 投稿日2023/09/27

    • 更新日2023/09/27

    • 調理時間15

    • カロリー(1人分)-

    • 総費用目安300

    • 冷蔵保存2~3

    • 冷凍保存-

    !表示はすべて目安です。詳しくはこちら

    鰹節屋の割烹だしパックの中身を混ぜたポテトサラダが絶品だったので れんこんでサンドしておつまみ風に仕上げたら 家族みんなに大好評♡ シャキシャキ感のれんこんに、 おだしが香るしっとりポテサラの組み合わせ。 子供も大好きな味で、あっという間に完食! お弁当にもおすすめです(^^)/

    材料2人分

    • れんこん
      200g
    • じゃが芋
      300g(中3個分)
    • 鰹節屋の割烹だしパック
      1/2袋~
    • A
      片栗粉
      小さじ2
    • A
      オリーブオイル
      小さじ2
    • オリーブオイル
      小さじ1

    作り方

    ポイント

    じゃが芋は皮つきのまま加熱した方がホクホクになりますが 皮が爆ぜやすいので、竹串で数か所穴をあけたり、包丁で一部切り込みを入れておくと 安心してレンジ加熱できます。 1個の大きさによって加熱時間は調整してください。 1個100g前後で3個分同時にレンジ加熱して5分でほどよい柔らかさになりました。 鰹節屋の割烹だしパックの中身で味付けしますが、 1/2袋分だと少し薄味、2/3袋分だとしっかり味がつきます。 味の濃さはお好みでどうぞ。 ポテサラの味が濃い場合はれんこんに塩をしなくてもOKです。 食べるときに、お好みで醤油マヨなど添えても美味しいです。 #ヤマキタイアップ

    • じゃが芋は皮に数か所穴をあけるか、一部切り込みを入れて耐熱容器に入れ、ラップをして600wで5分ほど加熱し、皮をむいてマッシュする。

      工程写真
    • 1

      れんこんは皮をむき半月にカットして3~4ミリにスライスする。(2枚でサンドするので偶数になるようカット) カットしたれんこんを耐熱容器に入れ、ラップをしてレンジ600wで2分ほど加熱し、柔らかくする。 ※半透明になっていればOK

      工程写真
    • 2

      マッシュしたじゃが芋に鰹節屋の割烹だしパックを加えて混ぜ合わせる。 (味の濃さはお好みで調整してください)

      工程写真
    • 3

      A 片栗粉小さじ2、オリーブオイル小さじ2を加えて生地を混ぜ合わせる。 最初に片栗粉を加えて全体に混ぜ、 片栗粉が混ざったらオリーブオイルを加えると、 全体にきれいに混ざります。

      工程写真
    • 4

      れんこんをスライスした数に合わせて(2枚1組) 出来上がりの個数を数えて、ポテサラを個数分に丸める。

      工程写真
    • 5

      れんこんでポテサラをサンドする。 ※手でぎゅっと握ってなじませるとひっつきます。

      工程写真
    • 6

      フライパンに薄くオリーブオイルをしき、両面をこんがり焼き色がつくまで焼く。 ※ポテサラの味つけが濃い場合はそのままでOK。 薄めに味付けした場合は、れんこんに軽く塩をふって味をつける。

      工程写真
    レシピID

    468980

    質問

    作ってみた!

    こんな「れんこん挟み焼き」のレシピもおすすめ!

    関連キーワード

    「じゃがいも」の基礎

    「れんこん」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    金子美和(さとみわ)
    • Artist

    金子美和(さとみわ)

    料理研究家・料理ブロガー

    • 調理師
    • トータルフードコーディネーター
    • 上級食育アドバイザー
    • ベジタブル&フルーツアドバイザー
    • 雑穀マイスター
    • 食生活アドバイザー

    2児の母。 「美味しく食べて健康に過ごす」をモットーに 毎日続けられる簡単で体に優しいお料理やスイーツ作りを考案しています。 きっかけは、食生活を変えたことで、自分をはじめ家族の体質が改善したこと。 自分と子供のアトピーや花粉症などのアレルギー症状が以前よりも軽くなり 風邪をひきやすかった子供や旦那さんも 今ではほとんど風邪をひかなくなりました。 高血圧な旦那さんのために、減塩でも美味しく食べれる料理を作り 私は歳を重ねるたびに感じるお肌の老化や疲労、ストレスなどを少しでも抑えたくて、 体の中から健康的になれるよう、毎日の食事に気を付けています。 ◎なるべく動物性のものを使わなくても美味しく作れるスイーツ。 ◎甘さを抑えて美味しく作れる米粉のスイーツ。 ◎塩分控えめでも「旨い!」と言ってもらえる毎日のおかず。 ◎砂糖を減らしても「これおいしい~」と子供が喜ぶメインのおかず。 ◎子供と一緒に作れる簡単おやつ。 毎日食べる食事。 続けることが一番大切です。 簡単に作れて、どこでも手に入る食材を使ったレシピを提案していこうと思っています。 私のレシピが皆様の健康に少しでも役に立てたら嬉しいです。 資格:上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・トータルフードコーディネーター・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・ダイエット検定1級・調理師免許・ホームパーティー検定3級

    「料理家」という働き方 Artist History