レシピサイトNadia
    副菜

    【ピーマン大嫌いな人もOK】カリカリじゃこ入り無限ピーマン

    • 投稿日2021/05/08

    • 更新日2021/05/08

    • 調理時間5

    お気に入り

    2497

    ★【ピーマン嫌いさんも食べられる】 カリカリのじゃこがアクセントになり、ピーマン嫌いのお子様も食べられるおかずです! ★油で炒めるとビタミンAの吸収も良くなります。 ★ご飯のおかずにも、おつまみにも。 作り置きしておくとお弁当の隙間おかずになります。 冷蔵庫で3日保存可能。 冷凍庫で2〜3週間保存可能です。

    材料3人分ピーマン3個・作りやすい分量

    • ピーマン
      3個(200g)
    • ちりめんじゃこ
      40g
    • ごま油
      大さじ2
    • A
      みりん
      大さじ1
    • A
      しょうゆ
      小さじ1
    • A
      鶏がらスープの素
      小さじ1
    • 塩こんぶ
      10g
    • かつお節
      1パック(4g)

    作り方

    ポイント

    ★今回はちりめんじゃこを使用しましたが、しらす干しでも美味しいです。 ★ピーマン以外にししとうや万願寺とうがらしでも美味しくできます。 ★ピーマンは繊維を切るように横に切ると甘さが増しますよ〜。 ピーマンの青臭さも和らぎます。

    • ピーマンは縦に半分に切り、横に5mm幅に切る。

      工程写真
    • 1

      フライパンにごま油を熱し、、ちりめんじゃこを炒める。

      工程写真
    • 2

      ピーマンを加えてさらに炒め、仕上げにA みりん大さじ1、しょうゆ小さじ1、鶏がらスープの素小さじ1で調味する。

      工程写真
    • 3

      器に盛り、塩こんぶ、かつお節をかける。

      工程写真
    レシピID

    412337

    質問

    作ってみた!

    • はっぴぃ
      はっぴぃ

      2023/08/25 21:15

      鶏がらスープの素が入るので旨味が増して、とても美味しかったです。 塩昆布やおかかのトッピングもバッチリでした。 またリピートします。
    • 653991
      653991

      2022/11/27 19:02

      ピーマン4個、切り方間違えましたが、、しらす干しをから煎りしてから作ってみました。しっかりした味付けで美味しいですね!おかかと塩こんぶは最後にちょこっとふりかけるだけで充分ですね。たっぷり計量して失敗しましたー。
    • 283845
      283845

      2022/03/28 18:45

      ピーマンが2個しかなかったので、にんじんをプラスしてしらす干しで作ってみました! 私自身ピーマン大嫌いなのですが、レシピ名にある通りこれなら食べられます😭✨ 美味しいです😆

    こんな「おつまみ」「お弁当」のレシピもおすすめ!

    このレシピが入っているArtist献立

    このレシピが入っているコラム

    このレシピが入っているレシピまとめ

    関連キーワード

    「作り置き」の基礎

    「ピーマン」の基礎

    関連コラム

    人気急上昇中のレシピ

    新着コラム

    今週の人気キーワード

    あーぴん(道添明子)
    • Artist

    あーぴん(道添明子)

    料理研究家・栄養士

    • 栄養士

    料理研究家・栄養士あーぴんです。 手抜きに見えない時短・カンタン 美味しい・ちょっとお洒落なごはん♪ みんなが笑顔になれる幸せごはん♪ 書籍📕『旬と野菜を愉しむあーぴんの絶品おかず』宝島社 2023年9月発売 🥇2019年Nadia新人賞 🥇Nadia MVP・Nadia動画賞 🥇デルタインターナショナルくるみレシピコンテストグランプリ 🥇十五夜に食べたい!まん丸レシピコンテストグランプリ 🥇ブルグルレシピコンテストグランプリ Nadia以外でもコンテスト多数優勝🥇 企業レシピ多数開発。 大手食品会社にて新製品の企画開発。ロングラン商品を多数開発。企業側に勤務・新製品開発の経験からのレシピ開発、販促パンフなどの制作は得意です。 テレビ局にて料理レシピの開発、系列新聞に掲載。 シルバー大学、地域の料理教室講師。 企業の健康栄養セミナー、企業の健康料理教室。 【健康な体は毎日の食生活から】をモットーに初心者でも作りやすい調理法を工夫して素材を生かしたメニューを開発しています。

    「料理家」という働き方 Artist History