レシピサイトNadia
    • 公開日2019/04/14
    • 更新日2019/04/14

    どんな味付けとも相性バッチリ!新じゃがいもを皮ごと味わうおつまみレシピ

    数ある春野菜の中でも、新じゃがいもは普段の食事に取り入れやすいものの1つですよね。煮ても、焼いても、揚げても美味しい上に、どんな味付けにも合う新じゃがいもは、ご飯のおかずはもちろん、おつまみにもぴったりです。今回は、旬の新じゃがならではのうま味や香りを活かしたシンプルなおつまみをご紹介します。

    このコラムをお気に入りに保存

    8

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    どんな味付けとも相性バッチリ!新じゃがいもを皮ごと味わうおつまみレシピ

     

    新じゃがいもの特徴を活かして、もっと美味しくいただこう!

    通年出回っているじゃがいもは、完熟してから収穫し、一定期間貯蔵してから出荷されたもの。貯蔵することで水分が抜けてホクホクの食感になり、保存にも向いています。

    一方、完熟前に収穫する新じゃがいもは、完熟じゃがいもに比べて水分量が多いのが特徴です。皮もしっとりしているため、長期保存には向いていません。

    また、新じゃがいもの皮は薄くやわらかいので、皮つきのまま調理して食べることができます。下ごしらえはたわしで表面の汚れを落とし、新芽を取り除くだけ。

    新鮮な香りと食感が魅力なので、茹でる・蒸す・焼く・揚げるなどの加熱をしてから、バターや塩こしょう、マヨネーズなどでシンプルな味付けにするのがおすすめです。

     

    皮ごとでOK!新じゃがいもをまるごと楽しむおつまみレシピ4選

     

    シンプルな味付けでうま味引き立つ!新じゃがいもの甘辛煮

    下茹でした新じゃがいもに、砂糖・しょうゆ・みりんでシンプルに味付けした甘辛だれを絡めました。短時間でも濃厚な煮物風に仕上がりますよ。ごろごろと大きめにカットした新じゃがいもと“とろ~りてりてり”のたれが見た目にも食欲をそそる一品です。

    【主な材料】
    新じゃがいも
    しょうゆ
    砂糖
    みりん

    ●詳しいレシピはこちら
    『新じゃがいもの甘辛煮』

     

    アスパラガスを加えて春らしく♪新じゃがいものアヒージョ

    皮の食感を楽しむ新じゃがいもと、みずみずしい甘さのアスパラガスで作る春野菜のアヒージョです。新じゃがいもを電子レンジで加熱している間にほかの材料をカットして、あとは合わせてオイルで煮るだけなのでとっても簡単! パーティーやおもてなしにぴったりの、ワインに合う華やかな一品です。

    【主な材料】
    新じゃがいも
    アスパラガス
    ベーコン
    にんにく
    オリーブオイル

    ●詳しいレシピはこちら
    『新じゃがいもとアスパラベーコンのアヒージョ』

     

    間違いない美味しさ!新じゃがいものガリバタしょうゆ煮

    新じゃがいもと鶏ひき肉をしょうゆと水で煮て、仕上げににんにくとバターを加えた“ガリバタしょうゆ味”の煮物です。バターが溶けたらすぐに火を止めると香りが引き立ちますよ。和と洋の絶妙なバランスと鶏ひき肉のうま味がたまらない、箸が止まらなくなる一品です。

    【主な材料】
    新じゃがいも
    鶏ひき肉
    しょうゆ
    バター
    にんにく

    ●詳しいレシピはこちら
    『【コクうま】新じゃがのガーリックバター煮』

     

    缶詰を使った時短レシピ!新じゃがいもとさばの味噌バター煮

    じっくり手間と時間をかけたように見えますが、さば味噌煮缶を使っているので短時間で作れますよ。濃厚な味噌味にバターが加わりコクうま! お酒はもちろん、ご飯にも合うのであと一品ほしい時にもおすすめです。

    【主な材料】
    新じゃがいも
    さば味噌煮缶
    バター

    ●詳しいレシピはこちら
    『【さば缶で時短】新じゃがとさばの味噌バター煮』



    手軽に皮ごといただけて、どんな味付けとも相性が良い新じゃがいも。旬を迎えて美味しいうちにたくさん食べたいですね。新じゃがいもは、購入したら新聞紙に包み、風通しの良く直射日光が当たらない室内で保存して早めに使いましょう。新芽や皮が緑色の部分には「ソラニン」や「チャコニン」という成分が含まれていて、食べると苦味があるだけでなく、健康に悪影響が出る心配があるので、必ず取り除いてから調理してくださいね。



    ●こちらのコラムもチェックしてみてくださいね。
    甘みたっぷり!とろっとやわらか!新たまねぎ丸ごとレシピ
    “生”で食べたい!旬の「春キャベツサラダ」いろいろ

    キーワード

    このコラムをお気に入りに保存

    8

    気になるコラムを保存して、後で読み返そう!

    SNSでシェアしよう

    関連コラム

    「じゃがいも」の基礎

    このコラムを書いたArtist

    簡単料理研究家*服部みどり
    • Artist

    簡単料理研究家*服部みどり

    東京都文京区千石にてからだと心にやさしい料理の教室運営 材料は少なめ・シンプルな調理で身体にやさしい家庭料理レシピをご紹介 【略歴】 カフェや居酒屋チェーン店立ち上げ業務(マネジメント・メニュー開発経験あり)など飲食業界に携わったのち、野菜を扱う食品メーカーで料理レシピ企画を担当。現在は書籍のレシピ制作・飲食店メニュー開発のほか、雑誌・テレビ・新聞・WEBなどメディア各種で食品や調理家電などの検証を行う料理家として活動中。 【メディア出演関連】 NHKひるまえほっと かんたんごはん テレビ東京 よじごじDAYS 読売新聞レシピ ラジオ(TOKYO FM / ラジオ埼玉) LDK MONOQLO 家電批評 サンキュ! など 【飲食店メニュー企画】 ・観光地カフェ立ち上げ(東京都小笠原村) ・天然素材のかき氷レシピ開発(東京都神保町) ・糀を使ったドレッシング開発(千葉県津田沼) テイクアウト専門店メニュー・居酒屋チェーン店・カフェなど 【料理本レシピ企画】 ・スピード完成!野菜の大量消費おかず ・時間がない人のためのやせる超速つくりおき ・時間がない人のための超速つくりおき ・作りおきレンチンおかず ・うちのから揚げがうまい そのほか月刊誌のレシピ企画など 【得意なジャンル:家庭料理編】 ・あまり手をかけない シンプル調理 ・基本調味料で作る家庭料理 ・体調不良のときに胃腸にやさしいいたわり料理 ・蒸し料理 ・初心者おやつ ・お味噌汁(一汁一菜) 【得意なジャンル:商業編】 原価・オペレーションを考慮したメニュー開発 ・居酒屋・カフェ・観光地・テイクアウトおかずなど 【好きな地域】 ・ハワイやタイなど南国系の観光地 ・離島(伊豆七島)や沖縄 ・東京・茨城・千葉

    にゃでぃあのおすすめ!
    「料理家」という働き方 Artist History